あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2013年04月16日

音楽対話

 今日は仕事の用事で45分程一人で車を運転していました。

 愛しの妻と会話したいと思い、いつものSellection(リチャード・クレイダーマン氏演奏のピアノ曲といろいろな映画音楽の妻のお気に入りのセレクション)を聞こうと思いましたが、考え直してベラ・バルトーク先生の弦楽四重奏曲にしました。

 この方はハンガリーの作曲家です。因みにハンガリーでは日常、日本と同じように名前を姓名の順に呼ぶそうです。アジア圏なのです。ですから現地ではバルトーク(姓)・ベラ(名)先生です。

 バルトーク先生の難解な弦楽四重奏曲は愛しの妻には地上生活の折には全く馴染みがありませんでした。今日は手始めに弦楽四重奏曲第一番から始めました。

 妻には違和感はないようです。会話も弾みます。妻はこの曲を熟知しているように私は感じました。

 アーノルド・シェーンベルク音楽師匠の下で妻は相当研鑽を積んだのだと私には分かりました。バルトーク先生にも直接師事したようです。霊界は時空を超越しているので、集中度が地上とは違うようです。

 地上生活の時、愛しの妻一緒にクラシック音楽を聴くのが私の夢でした。バロック音楽はBGM的に流したことはありましたが、マーラー先生やブルックナー先生の音楽は一緒に聴くことはできませんでした。バルトーク先生やアーノルド・シェーンベルク音楽師匠の音楽は望むこともできませんでした。

 今は私が聴きたい音楽を流しながら愛しの妻と深く(心と心で)会話します。むしろ妻はその音楽を既に熟知していてその音楽を使って伝えてくれることも多くなりました。

 地上生活の時に、愛しの妻が好きだった、リチャード・クレイダーマン氏の音楽を一緒に深く聴くようにしていたら、一緒にクラシック音楽を聴く機会も持てていたかもしれません。

 そういうことも全て含めて、愛しの妻は「悔いることはない、気に病むことはない。あなたは精一杯やってくれた。」と慰めてくれます。

 愛しの妻が好きで好きで大好きです。愛しています。
posted by ハッピーいちろ at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

何気ない幸せ

 愛しの妻の声は聞こえませんが、心と心で意思の疎通が取れ、姿を肉眼で見ることはできませんが、「届けてもらった絵」を肉眼で見ることができます。

 交流の内容を日記に書くことができ、その一部をこうしてブログに投稿することができ、それを読みに来てくれる友達もいてくれます。

 何気ないことの中に幸せがあります。愛しの妻の地上生活の時、共に過ごした何気ない日々が、どれ程素晴らしい幸せかを、振り返って感じます。

 今、形は変わっても、その何気ない幸せが再び我が家を訪れているのに気付きます。そのことを神様(天の父母様)、天地人真の父母様に感謝して、気力を養い、愛しの妻と一つになって、私が果たすべき責任に向かいます。

 愛しの妻が大好きです。愛しています。
posted by ハッピーいちろ at 09:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

心と心、そして隠された主題:夫婦

 映画「最強のふたり」(原題:Untouchable)を先程DVDで観ました。

 事故で全身麻痺になった富豪の男性とその介助者として雇われた黒人青年との友情を描いたフランス映画です。アクション映画ではありません。

 何度でも観たい映画だと感じました。

 主人公の富豪の男性も夫人が敗血症に罹り、自身もパラグライダーの事故に遭い、頭以外の全身麻痺になり、3年後に夫人が他界したとのことです。

 妻に先立たれた夫である主人公が、「体が動かないことが苦しいのではない。妻が目の前にいないことが苦しい。」と言っていたのは私も通過していますので実感的に分かります。

 愛しの妻も一緒に観ました。興味深く関心を持ってよく理解してくれます。

 愛しの妻が大好きです。愛しています。
posted by ハッピーいちろ at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

5月28日

 この日は愛しの妻の聖和日(命日)です。

 来月5月の28日は妻の聖和一周年(一周忌)です。

 愛しの妻はこの日に長男の為に計画を立てています。

 地上生活をしている私はその実現の為に力を尽くします。様々に根回しし、段取りして準備します。

 妻は楽しそうに取り組んでいます。その楽しさが私にも伝わって来てわくわくします。

 愛しの妻が大好きです。愛しています。
posted by ハッピーいちろ at 09:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

作戦計画

 愛しの妻は地上に残した家族が幸せになるようにといろいろ作戦を計画してくれています。

 息子達の外からは見えない内面を愛しの妻はよく掴んでくれています。

 父親の私が母親を兼ねるのは不可能に近く困難ですが、妻が息子達の心(霊人体)に直接働き掛けてくれます。

 私が孤独感に打ち勝ち、適切な行動を取り、妻と心一つになって作戦を遂行することが勝利への道です。

 仕事と家事と日常生活上の自分の行動の一つ一つを本心に照らしてチェックします。

 私が気が重くなっている時も、妻はいつも楽しそうに取り組んでくれるので助かります。

 愛しの妻が大好きです。愛しています。
posted by ハッピーいちろ at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。