あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年10月13日

チリ鉱山落盤事故からの救出

 世界が注目する救出です。

 日本時間午後9時11分の時点で10人が救出されたと報じられています。

 無事全員が救出されますように。

 地下に残された作業員の方達が「自分を後回しにして仲間が先に救出されるように」と、表明することに頭が下がります。

 思いやり深く信仰の篤い方達なのだと敬服します。

 いざという時の言動は日頃の心懸けから出るのですから、日頃の心豊かな生活の様子が思い浮かびます。

----------以下引用です


 「細密に教えられるためには祈らなければならない。一心でなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P476)

posted by ハッピーいちろ at 21:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

日本の存立

 国民が願っていない方向にこの国をミスリードしないように、民主党政権に注意を向けなければなりません。

 日本が独立国家として存立する為に、私達は最大限の関心を持って、日本の政治に注目しなければなりません。

 そして日本が社会、文化、学術、技術、経済、医療、政治あらゆる面で活力を持って行けるように、それぞれの持ち場でベストを尽くす人々を応援しなければなりません。

 精神的な閉塞感を打破し、前人未踏の輝ける未来を切り開いて行けるのです。

 それには人と人との心の繋がりによって支援されて、私達の心の成熟がなされなければなりません。

 高貴なもの、それは私達の心の中にあります。自らそれを発掘し、磨き、輝かさねばなりません。

----------以下引用です

 「神の念願成就は心情の世界においてである。」(文鮮明師『御旨の道』P318)
posted by ハッピーいちろ at 23:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

FIFAワールドカップ日本代表

 ワールドカップ日本代表の活躍でいろいろ教えられました。デンマーク戦は観ることができませんでしたが、オランダ戦と昨日のパラグアイ戦はリアルタイムでじっくり観戦できました。

 先日のオランダ戦の時、大画面を十数人で観戦する機会を持ちましたが、サッカーが好きで詳しい友人から、日本のメンバーが如何に優秀かそして相手のオランダがいかに強いチームかの説明を受けました。

 昨晩はノートパソコンとワイヤレスヘッドフォンで実況中継を一人で観戦しましたが、サッカーがいかに高度な技術と高い精神力とチームワークを必要とするスポーツかを改めて感じました。

 40年以上前に高校の体育でサッカーの時間になった頃、最初に骨折して練習ができずにサッカーの時間が終わってしまったのを思い出します。

 サッカー選手が一流を目指してどれ程厳しい練習に耐えてきたのかを想像するだけで胸が熱くなる思いがします。

 私自身は中学と高校の体操部で床運動、鉄棒、跳馬、吊り輪、平行棒などを練習しましたが、試合に出られるようになるだけでも気の遠くなるような練習をしたのを思い出します。

 難しいことに価値を見出して挑戦することの素晴らしさを改めて思い起こさせてくれました。

-----------以下引用です

 「人間には情的な分野(愛)、使命的な分野(仕事)がある。この二つとももたないとき、その人は存在世界において死んだ者である。」(文鮮明師『御旨の道』P285)
posted by ハッピーいちろ at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

中国貴州省で山崩れ

 中国南西部、貴州省関嶺県の大寨村で28日、降り続いた豪雨の影響で山崩れが発生し、107人が生き埋めになりました。

 広大な国土に膨大なインフラ整備が必要な中国であることをまざまざと示しています。特に少数民族が住む地域が遅れていると聞きます。

 イデオロギーや主義主張、宗教や思想の違いを越えて人類が助け合える時代の足音が聞こえそうな昨今ですが、まだ越えるべき峠が幾つ残っているのでしょうか。

---------以下引用です

 「天国は人間のものであると同時に神のものであるから、個人より宇宙に至るまで人間を通して天国の理念をこの地上に建設しない限り、神のみ旨はなされないのである。」(文鮮明師『御旨の道』P233)
posted by ハッピーいちろ at 22:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表

 管理人の個人的な見解及び感想です。

 ワールドカップサッカー朝鮮民主主義人民共和国(以降「共和国」と記します。)代表は1966年イングランド大会に初出場で強豪イタリアを1-0で破り、ベスト8に入る活躍を見せました。

 今大会は44年振りの出場ですが、グループGで初戦ブラジル戦で1-2で敗れたものの強豪相手に善戦したと注目度が高まりました。

 二戦目のポルトガル戦では史上初の朝鮮中央テレビの実況中継の中、0-7で惨敗しグループリーグ敗退が決定し、最後のコートジボアール戦でも0-3で敗退しました。

 ポルトガル戦敗退を受けて、ポルトガル代表選手の中からも「共和国」代表選手の帰国後の処遇を心配する声があがったと言います。

 「共和国」代表チームの監督並びに選手の身の安寧が確保されますように。

 そして「共和国」が諸問題を討議交渉する外交のテーブルに着いて、「共和国」国内外情勢が正常的に協調的に平和的に推移することを祈ります。

 「共和国」の国民の苦しみと指導者の苦悶が、孤立したところで追い詰められることがありませんように。
 
--------以下引用です

 「父子の間の心情は革命を起こすことができない。それは神様もなすことができない。神様が父子の因縁を教えてくださるのが最後の目的である。世界を統一することのできる武器は父子の因縁である。」(文鮮明師『御旨の道』P52)
posted by ハッピーいちろ at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

1950.6.25

 今日は韓国動乱(朝鮮動乱)勃発から丁度60年経った日です。韓国では緊迫した中で迎えたと聞いています。

 この日が無事に終わって幸いです。日本国民にとってはサッカーワールドカップで日本チームがデンマークに勝って決勝トーナメント出場を決めて喜びに沸いた日ともなりました。

 韓国のソウル近郊の水澤里の統一教の修練所ではこの日を無事に終わらすために世界中から宣教師・牧会者が集まって120日間の精誠修練会がなされて来ました。http://n-kisan.seesaa.net/

 世界平和の為に更に精誠を尽くす日本でありたいと願います。

---------以下引用です

 「貴いものをもちたいという人は、貴いものを愛することを知らなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P257)
posted by ハッピーいちろ at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

日本が果たす母なる国の使命

 神様は日本に世界の救いの為に母の使命を与えて下さいました。日本の生き残りの道もそのことと関連しています。

 母の心は日本人の心性にもマッチしていると感じます。世界情勢の中で如何に神様の願いを果たすかが、日本国国民並びに日本国政府に問われています。

 日本国の舵取りをする人達が間違わずに神様の願いの方向にこの国を向けてくれますように。私達はこの国の歴史に残る選択と決定に立ち合っています。

----------以下引用です

 「神様の胸を感動で締めつけるようにしなさい。神様が同情してくださる立場に立てばいつも解けていく。」(文鮮明師『御旨の道』P200)
posted by ハッピーいちろ at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

6.25の危機の回避

 日韓米(韓日米:父・母・長子)の結束こそ東アジアの危機を越えさせ、世界の安定に寄与することができます。

 神様が人類歴史を見つめて来て下さいました。そして今も見つめて下さっています。世界情勢には人類の救いを懸けた神様とサタンの戦いが顕れています。

 韓国では6.25動乱が再び起こるのを回避しようと緊張の中にいます。アメリカも危機を認識し、韓国に理解を示しています。

 日本も韓国とアメリカと連携して、あの国が暴挙に出ることのないようにしなければなりません。

----------以下引用です

 「神の摂理の方向と個人や国家の方向が一致すれば、その個人や国家は栄える。」(文鮮明師『御旨の道』P53)


 
posted by ハッピーいちろ at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

1950.6.25

 韓国の6.25動乱から60年が過ぎようとしています。60と言えば一巡を想起しますが、かの国が「窮鼠猫を噛む」の喩えのごとくにならないことを切に願います。

 日本と韓国とアメリカが堅く手を組んで危機を回避しなければなりません。かの国のテポドンは日本の原子力発電所の原子炉に照準を合わせていると言います。

 そのような暴挙をさせてはなりません。国の柱をしっかり立てて国難に対処しなければなりません。

---------以下引用です

 「大きな恵みを食いつぶさないで、小さな恵みを育てることを知らねばならない。」(文鮮明師『御旨の道』P98)
posted by ハッピーいちろ at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

中華覇権主義

 日本の政治が混迷の中を彷徨っているうちにも、中国共産党は16億の人口を抱える中国を完全に操ってアジアの覇権ばかりか世界の覇権を虎視眈々と狙っています。

 今やアフリカも南米諸国も中国に経済植民地化されようとしています。日本が日米安保を堅持していればこそ、東アジアのバランスも保てます。

 このままでは数年も経たないうちに、台湾の運命に直面して、日本国民は大きな決断をしなければならない危機的事態に遭遇する可能性があります。

 鳩山首相が「抑止力」に気付いたのなら、日米安保を断固として堅持し、日本と東アジアが危機に陥るのを阻止しなければなりません。

 軍事力を強化し続ける中国がそこにある限り、沖縄の地政学的戦略的重要性は高まるばかりです。沖縄から米軍基地がなくなった途端に沖縄は中国になってしまう危険があります。

 珊瑚礁の太平洋諸国も中国に土を盛ってもらうと同時に、中国の血が入り、中国化していきます。中国は経済力と軍事力と16億の人口で世界を席巻しつつあります。

 元をもって世界基軸通貨ドルに取って代わろうという戦略さえ最近は隠そうとしません。そしてチベットやウィグルの人々の本当の苦しみはニュースに流されもしません。

 どうしても日本の独立を守らねばなりません。それには日本とアメリカと韓国が堅く手を結ぶことです。

 政府よりも党の「実力者」が力を持つのは共産主義国家だけで沢山です。日本をそんな独裁国家にしてはなりません。

-------------以下引用です

 「自分を低く見、世の中のすべての罪悪は私によって生じていると思って、これに対して心配しながら痛哀する心をもって、すべての責任をまとめて背負うことができる人となろう。」(文鮮明師『御旨の道』P397)
posted by ハッピーいちろ at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

伊藤和也さんのこと

 2008年8月26日、アフガニスタン復興支援に当たっていた農業指導者、伊藤和也さん(ペシャワール会)は4人組の武装グループに誘拐され、残念なことに翌々日遺体で発見されました。

 享年31歳の惜しまれて余りある若者でした。伊藤和也さんは私の息子のような年齢です。痛切です。改めて深くご冥福をお祈り申し上げます。

 先日の1300名のファミリーフェスティバルのメインスピーチの中でも伊藤和也さんのことは、南米で武装グループに誘拐された経験を持つ講演者によって、「ご実家を2回お訪ねしました。」と涙ながらに語られていました。

---------以下引用です

 「善の世界を失ったのも人間であり、罪の種をまいたのも人間であるため、我々人間が責任をもって人類の罪を脱ぐことをしなければならないし、善の世界を探しだすこともしなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P165)

 
posted by ハッピーいちろ at 23:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

日本を取り巻く情勢

 鳩山首相と稲嶺・名護市長会談後の首相の発言をニュースで聞きました。

 「(最低でも県外と言った)当時、海兵隊が必ずしも抑止力として沖縄に存在しなければならない理由はないと思っていた。学ぶにつけ、在沖米軍の存在全体の中での海兵隊の役割を考えた時に、すべて連携している。その中で抑止力が維持できるという思いに至った。浅かったと言われればその通りかもしれない。(鳩山首相)

 大変なストレスの中だと思いますが、鳩山首相が的確な責任ある判断と決断をされるようにと痛切に心から祈ります。

-----------以下引用です

 「歴史に残る人とは素質より精誠を尽くした人が残れるのである。」(文鮮明師『御旨の道』P477)
posted by ハッピーいちろ at 21:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

地震や台風のエネルギーの活用

 大地震による罹災のニュースが度々報じられています。人間は生存のために歴史的に様々な災害と格闘して来ました。

 地震や噴火や台風・ハリケーン・サイクロンなどの巨大な自然エネルギーを人間が活用することができる時代がきっと来ると私も考えていました。

 昨日興味深いブログ記事を読みました。「進化論から新創造論へ」

 「NASAでは『火星を地球のように作り替えよう』というテラフォーミング計画が、実際に検討されています。」 (同記事より)とのことです。

 戦争などで生命とエネルギーを失うような悲劇的な事態に早く終止符を打って、調和的に人間の愛と英知とスキルを磨き高めて助け合って生きる時代を迎えねばなりません。

-------------以下引用です

 「人間の頭を中心として理想世界がなされるのではなく、愛を中心としてなされるのである。」(文鮮明師『御旨の道』P239)

posted by ハッピーいちろ at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

中国青海省玉樹県地震

 中国青海省玉樹チベット族自治州玉樹県で2010年4月14日午前7時49分(日本時間同8時49分)に発生したマグニチュード7.1の地震による死者は600人を越え子供多数も犠牲になったと報じられています。

 厳しい寒さと標高が高いことによる低酸素状態に悩まされながら作業が進められていると伝えられています。罹災者が一刻も早く救出されることを願い祈ります。

---------以下引用です

 「霊的な流れと社会的な流れが一つになれば、世界に平和がもたらされる。」(文鮮明師『御旨の道』P62)
posted by ハッピーいちろ at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

日本が日本であるために

 この国の独立を保たねばなりません。その為には日韓米の三国が相互互恵で助け合って交流を深めることが眼目です。

 それを壊そうとする勢力があるのも事実です。その勢力は日韓米の三国を離反させる為に情報操作をしあらゆる方法を使います。

 日本国民は見抜かなければなりません。私達日本国民は今、崖っぷちに立っています。参議院議員選挙でも選挙権を行使して歴史的判断を下さなければなりません。

 若い人達の判断力にも期待します。若い人達が賢明に判断する為の情報を提示しなければなりません。

------------以下引用です

 「我々は健康もお金もないが、他人を幸福にし、かつ善良にしよう。」(文鮮明師『御旨の道』P274)
posted by ハッピーいちろ at 23:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

「国際連合」は「連合国」

 国家エゴの矛盾を脱却できずに苦しむ国連の姿があります。日本人が平和の理想の体現の如く信頼してきた国連はUnited Nations=「連合国」を日本人に受け止められ易いように意図的に「国際連合」と「超訳」したものだといいます。

 国連憲章の日本語訳には隠さず「連合国」と訳してあるといいます。日本、ドイツ、イタリアに対する敵国条項もそのままだとしたら平和の為の組織どころではありません。

 深く掘り下げて知る必要があります。中国とロシアが拒否権を発動すれば何も決められません。日本が常任理事国入りするなど、現状では無理と言うしかありません。

 日本はひところのアメリカの次に多くのお金だけ出して発言権は殆どなしという状態と言うしかありません。中国もロシアも殆どお金は出していないといいます。

 文鮮明師が提唱された国連改革がどうしても必要です。

-----------以下引用です

 「神の内容を発表して、共産主義者までも泣かすことができれば、その力は共産主義をも克服して余りある。」(文鮮明師『御旨の道』P70)


 
posted by ハッピーいちろ at 23:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

キラー衛星の脅威

 まさかの時、共産中国はアメリカの目とも言うべき監視衛星等を全て破壊する用意ができているといいます。キラー(=他の衛星を破壊する)衛星、恐るべしです。

 共産中国は2012年が過ぎればアメリカにも戦争で勝てると踏んでいるといいます。日本が事態と情勢を正しく認識して賢明に対処しないと大変なことになります。責任は重大です。

 平和を作り出すのは「東アジア共同体」ではなくて「環太平洋共同体」です。「東アジア共同体」では中国の思う壺に填るだけです。

 世界の平和には日韓米の結束が何より必要です。日本が単独で中国に近付けば共産中国に飲み込まれるだけです。

 日本が対応を誤れば北朝鮮は中国に先ず飲み込まれ、朝鮮半島の南北統一の夢も潰え、そればかりか韓国も台湾も沖縄も中国に飲み込まれます。そして次は直ぐ日本が飲み込まれる番です。

 日韓米が結束すれば中国の野望の達成しようとするのを思い止まらせることができます。日本国民は歴史的な決断をしなければならない立場に立っています。

--------以下引用です

 「キリスト教徒は『イエス様を信じて天国に行こう』と信じているが、統一信徒は統一教会を信じて世界を救わねばならない。そうして世界がかえって『あなたが必要であります』と言って統一信徒を引っ張ってくれれば、そのときになってやっとついていこうとするのである。」(文鮮明師『御旨の道』P78)
posted by ハッピーいちろ at 22:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

日米安保堅持

 日米安保をどうしても堅持したいですね。アメリカとの関係が切れたら日本は中国の餌食になるというとても衝撃的な話があります。

 中国の2030年の領土を示す地図には朝鮮半島全域も台湾も日本も中国の一部として塗り潰されているといいます。

 日本も現在のチベットのように中国の一自治領になるという訳です。決してそんなことがあってはなりません。中国は自治領には投資もしないといいます。

 日本は独立国家としてアメリカと同盟関係にあったからこそ今日まで来ることができたのは国民周知のことでしょう。

 政権与党の一部の政治家の恣意に任せたままこの国の独立を危うくさせてはなりません。中国は市場経済を一部導入したとしても国家の中枢はやはり共産主義であり、国民の自由選択はありません。

 ロシアでも今や共産主義が復活し虎視眈々と日本を狙っているという話もあります。用心してよくよく確かめなければなりません。

 ロシア人は良いがロシアという国家機構には油断できないという歴史的教訓もあります。

 日本人が「まさかこんなことはしないだろう。」と思うことを共産主義国家は実際にして来た歴史的事実があります。

 理想の国はまだ地上にはないかもしれませんが、その理想を目指す自由を奪われてはなりません。私達国民の事実認識が問われています。

------------以下引用です

 「イエス様を信じることを知りながらイエス様の心を知らないようであってはいけない。」(文鮮明師『御旨の道』P397)
posted by ハッピーいちろ at 22:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

日本は資源大国?

 今日は日本を取り巻く情勢についての講演を聴きました。日本は国土の二倍の大陸棚を持ち、その大陸棚は石油や希少金属をはじめ資源の宝庫だというお話しを聞きました。

 その開発はまだ殆ど手付かずのままで、これまでは輸入した方がコスト的に安価だということで手間暇掛ける開発はして来ていないとのことでした。

 その大陸棚資源を守れるかどうかが今問われています。日米安保がどうしても必要不可欠です。人口に比すれば資源枯渇に陥るのが目に見えている中国が狙っています。

 国家の未来に対するヴィジョンが問われています。理念なき国は滅びるとは歴史の教訓です。国を挙げて真剣に考えなければならない時です。

-----------以下引用です。

 「恐ろしい人は神を抱いて耐え忍ぶ人である。」(文鮮明師『御旨の道』P290)
posted by ハッピーいちろ at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

迫り来る危機を如何に越えるか

 私の個人的な見解の表明です。

 先ず以てこの国の存立・独立を確保しなければなりません。この国の現状では日米安全保障条約がこの国の生命線だと思わざるを得ません。

 情勢分析を知らなければならないと痛感します。マスコミが情報操作されている場合も想定しなければなりません。継続的に学ぶ機会を持つことにします。

 嘗てこの国は旧ソ連のスパイによる情報操作で国策を誤り、国民は塗炭の苦しみを味わいました。それを繰り返してはなりません。

 選挙権を持つ若い人達もどの政党を支持したら良いのか判断に困っているのだと思います。かと言って年配の人達が全て分かっている訳でもないでしょう。

 この国の現在と未来の為に私達は学ばなければなりません。そして選挙権を行使しなければなりません。私達国民の意識の高まりが国政を動かします。

-------------以下引用です。

 「率直でありなさい!率直な人は残される。率直な人は環境を継承することができる。」(文鮮明師『御旨の道』P362)
posted by ハッピーいちろ at 21:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。