あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2011年01月16日

入院の前

 今日は統一教の壮年方と新年会をしました。

 年間活動報告と会計報告、そして一人一人の改めての自己紹介をしまして、二時間半程で終了しました。

 これで明後日から、心置きなく入院できると思いました。

 入院して手術というのは生まれて初めての経験です。

 手術の日には家内に病院に来て祈ってもらおうと思います。

----------以下引用です


 「実力がないと言うな。実力がなければ実力者を兄のように侍って彼を代わりに立てて活動舞台を提供してあげられる心情を整えなさい。社会で侍っている以上侍ってあげて、そこから第二の土台を築くようにしなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P342)

posted by ハッピーいちろ at 22:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

リハビリ中の友人の見舞い

 頸椎のヘルニアを手術して手足が麻痺した友人がリハビリ専門の病院で日々リハビリに励んでいます。

 今日も仕事帰りに見舞いに行きました。

 その友人の神経が麻痺を起こした後固まらないで回復の兆しを見せていることに医師が驚いているということでした。

 皆に祈られているのを感じると語っていました。

 今は杖を二本使って歩けるようになるまで回復しています。

----------以下引用です


 「愛を中心としては同等である。愛を中心として主管し主管される。愛は万人の希望の基点である。」(文鮮明師『御旨の道』P314)

posted by ハッピーいちろ at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

時に慰労あり

 昨晩の忘年会のカラオケの件で120日間世界指導者修練会修了生から励ましを受けました。

 「壮年の方達は日頃仕事でくたくたになっておられるので、時にはカラオケもいいですね。月に一度でもいいですね。」(文責管理者)

 確かに人間には時に慰労が必要です。

 夫が誇りと前進する意欲を自ら呼び起こすのに、妻の理解と信頼と敬意程力があるものはありません。

 そして友達との心の交流も男性にはどうしても必要です。

----------以下引用です


 「食口として食口を知らなければ滅びる。」(文鮮明師『御旨の道』P306)

posted by ハッピーいちろ at 23:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

教会壮年部の忘年会

 今日は午後8時から私の通う教会の壮年食口(家庭持ちの夫である統一教人)を中心として忘年会をしました。

 年の瀬で風邪が流行りだしたこともあり、参加人数は20人に満ちませんでしたが、集うべきメンバーが集えました。
 
 教会の礼拝堂を借りまして、会議テーブルをロの字に並べて座って自己紹介を兼ねて順番に話し、親睦を深めました。

 今夜はサプライズでカラオケをしました。

 通信カラオケの無料サイトを見付けましたので、パソコン画面をスクリーンに映して一人づつ思い思いの歌を歌いました。

 賛否両論があったかもしれませんが、楽しかったという声もありました。

----------以下引用です


 「天国は神の愛が中心となっている所である。」(文鮮明師『御旨の道』P239)

posted by ハッピーいちろ at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

先輩食口のご回復を祈ります

 統一教の私の通う教会の先輩食口(777双)のお一人が今朝脳梗塞で倒れたと連絡がありました。

 今晩は8時半から食口が集まって特別祈祷会が持たれます。

 当該先輩はまだ70歳を過ぎたばかりの年齢だと思います。

 後輩には分からない苦労の道があったと推察します。

 ご回復をみんなで切に祈っています。

----------以下引用です


 「皆さんを修練するのは信者にしようとするためではなく、民族を救う愛国者にしようとするためである。」(文鮮明師『御旨の道』P347)

posted by ハッピーいちろ at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

天運1DAY

 今日の大母様の1DAYに家内がリハビリ中の友人の奥さんを案内して参加しました。

 大人しい若い奥さんというイメージを家内はその方に抱いていました。

 1DAYの会場までの電車の中でその方はいろいろなことを話して下さったようです。

 沢山話すと言うことは心が解放されて来ているのかも知れません。

 ご主人の介護やお世話で三ヶ月間ゆっくり友達と話すこともできなかったのかも知れません。

----------以下引用です


 「春の日ざしは冷たい冬の雪の下でも準備している。」(文鮮明師『御旨の道』P126)

posted by ハッピーいちろ at 23:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

横浜より友来る

 先日私が訪ねた横浜在住の高校時代の旧友が今日の午後、私の所属教会を訪ねてくれました。

 浅草ビューホテルまで私が迎えに行ったのですが、私達の教会の食堂兼訓読室で敬愛する主任牧会者(教区長)にお会いすることができました。

 牧会者は私の友の半年間のある辛い体験もじっくり聞いて下さいました。

 友は「聖酒を飲み、祝祷を受けて力が出ました。」と語っていました。

 東京駅まで車で送り駅近くに着いてからもいろいろ話し合いました。

 統一教の教義を深く知りたいということで説明しました。驚いて聴いてくれました。

 午後7時が過ぎていたので、路肩のパーキングエリア(日曜は終日無料)に駐めて近くの店に入り夕食にしました。

 先ずは手渡した文鮮明師自叙伝「平和を愛する世界人として」を読んでみると約束して別れました。

 42年来の旧友の苦境に神様が手を差し伸べて下さっているのを私は感じます。

----------以下引用です


 「一番高い頂上を占領しようとするのも良いけれど、深い谷間を占領して抱いていれば永遠なる主人となる。」(文鮮明師『御旨の道』P287)

 
posted by ハッピーいちろ at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

今日も友を見舞う

 昨日のリハビリ中の友から電話がありました。

 手渡したオーディオプレイヤーへの感謝の言葉と使用法の教授依頼でした。

 丁度高校時代の友を横浜に訪ねる予定がまたもや明日に延びましたので、早速電話して今晩友の病室を訪ねました。

 今日は見舞客もなく、オーディオプレイヤーの使用法を手解きしました。

 その後、改めて病状の経緯を聞きました。

 友のヘルニアは腰ではなく首、つまり頸椎だと知りました。

 迂闊にも私は勘違いしていました。

 友のヘルニアの症状が重い理由が改めて理解できました。

 しかし友の回復状況は医師も「奇跡です。」と感嘆する程だと言います。

 友自身にとっては「二ヶ月でやっとこれだけ。」と感じられるそうですが。

 人の話を聞いて正しく理解することの大切さを身に染みて感じました。

----------以下引用です


 「時の転換点における勝負は時間と努力が問題である。そしてこれを動かしていくためには勇気が必要である。強くて大胆な勇気は信念から生ずるのであり、信念は無責任な立場ではなり得ない。」(文鮮明師『御旨の道』P113)

posted by ハッピーいちろ at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

リハビリの友へ

 日々リハビリに励む友の病室を訪ねました。

 既に面会の人がおられましたので、手渡しして今日は帰りました。

 友に何を手渡したかと言いますと、小型オーディオプレイヤーです。

 リハビリしながら文鮮明師のみ言や音楽を聴いてもらおうと言う訳です。

 まだまだ気の遠くなるようなリハビリの日々です。

 それでも薄紙を剥ぐように友の歩行力は日々僅かずつ回復して来ています。

 スランプもあるかも知れません。

 友がどんな時も諦めずにリハビリを続けられますように。

----------以下引用です


 「祈りが早く成就されるかどうかということは神の目的と一致しているかどうかにある。」(文鮮明師『御旨の道』P476)

posted by ハッピーいちろ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

友人家族来る

 今日は礼拝の後、高校時代の友に横浜まで会いに行く予定でしたが、先方の都合で明後日に延期しました。

 自宅にいましたら、埼玉県在住の統一教人(食口)の懐かしい友人から電話が入り、まもなく家族4人で来訪しました。

 久し振りに会えたので、積もる話に花が咲きました。

 子供達を近くの公園に案内したりしながら話し続けました。

 帰りは車で一時間半掛かるとのことでした。

 時が経つのも忘れて夢中で話し合える友というのはありがたいものです。

----------以下引用です


 「耳目口鼻の整った顔が美しい顔ではなく、心と体が完全に良く和合された人が世界で最も美しい人である。」(文鮮明師『御旨の道』P286)

posted by ハッピーいちろ at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

ある友人のその後の経過

 椎間板ヘルニアで手術したある友人の奥さんは、リハビリに励むご主人の今後を思う一心で、ご主人の写真を持って10月10日の「天地人真の父母定着完了10・14祝福式」に、インターネット同時中継にて統一教の地元の教会で参加しました。

 この友人夫妻は3万双の既成家庭ですが、ご主人の苦境の中でも天運を受けた今回の祝福式参加でした。

 左足は曲げ伸ばしができますが、右足は足の指が少し動く程度の状態です。

 友人自身が「リハビリは山有り谷有りです。」と語っています。病院からもそう言われているのだと思います。

 リハビリは正に奇跡をつくるようなことなのだと思います。

 友人がそのようなリハビリの毎日の生活の中で神様に心情的に近くなることを心から祈ります。

 今日はチリの銅鉱山での落盤事故で閉じ込められた作業員33人全員の奇跡のような無事救出に世界が湧いた日です。

 友人の身の上にも信仰による「奇跡」が起こるようにと切に祈る者です。

 その「奇跡」は先ず友人の心の中に訪れるのだと思います。

 友人は様々な事情から十数年間定期的には教会に行っていませんでした。

 友人が神様父母様と内的に深く出会えるようにと切に祈る者です。

 温かく見守り、心から応援したいと思います。

 毎日病院に通う寡黙な奥さんと共に神様がおられるのを感じます。

----------以下引用です


 「女性たちは感性が豊かであるから神を慰めることができる。女性から堕落が始まり恨みとなったゆえに、この恨みを女性たちが晴らしてあげなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P320)

posted by ハッピーいちろ at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

もう一人の友人のこと

 高校の同級生で医師になった友人から最近著書が送られて来ました。

 今、自分の置かれた状況を説明した著書でした。

 私も友人として心配していましたので、すぐ読破しました。

 読んで驚きました。これは冤罪事件だと思わざるを得ません。

 村木厚子元局長の誤認逮捕とその後の無罪判決の例もあります。

 菅谷利和さんの冤罪事件もありました。

 当事者にとっては大変なことです。

 常に公正さが守られることを願います。

----------以下引用です


 「心の闘いに勝利できない者は外敵との闘いに勝てない。」(文鮮明師『御旨の道』P282)

posted by ハッピーいちろ at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

ある友人のこと

 二ヶ月前、ある友人が朝起きた時に腰の辺りに痛みを感じました。

 寝違えたかなと思ったそうですが、痛みは次第に強くなって来たそうです。

 余りに痛くなって来たので救急車で病院に運んでもらって診察を受けました。

 レントゲンを撮り椎間板ヘルニアと診断され、程なく手術を受けましたが、手術後手足の麻痺が残りました。

 懸命のリハビリで手と腕は動くようになりましたが、足の方は中々回復しません。

 二ヶ月経ってやっと左足が少し曲げ伸ばしができるようになって来ましたが、右足は未だ動きません。

 四日程前に、私はそんなことを知らずにその友人の携帯に久し振りで連絡を入れました。

 友人は「実は今病院に入院している。」と小さな声で答えました。

 早速見舞いに行きますと、「○○さん(私のこと)、良い時に来てくれた。」と涙の歓迎を受けました。

 友人は「この先、足が動いて働けるようになるのか。もしこのまま寝た切りになったら、家族のお荷物になるだけだ。それでは生きている甲斐がない。」と歯を食いしばってまた涙を流しました。

 一ヶ月前にリハビリ専門のこの病院に移って来たそうですが、「動かなくなった足に神経が貫るというのは、正に神懸かりだ。」と友人自身が語っています。

 「友人達みんなで祈っているからね。」と言いますと、「それが何より嬉しい。」と答えてくれました。

 友人の奥さんはご主人の気持ちを気遣ってフルタイムの仕事の後、毎日お見舞いに通っているそうです。

 友人本人と家族にとって大変な状況です。私達友人達(統一教の食口【家族という意味】)も懸命に祈って支えたいと思います。

 友人が更に父母なる神様の心情に近くなりますように。そしてまた働けるようになりますように。

----------以下引用です


 「父母の手を固く握っていかなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P397)

posted by ハッピーいちろ at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

一回り以上年上の人生の先輩と話しました

 統一教の14歳年上の食口(<シック>韓国語で「家族」)と数時間じっくり話しました。十数年来親しくしているのでずっと年上の兄さんのようです。

 ありがたいと思います。統一教で神様を親として心の家族として祈り合い助け合える信頼関係を築くことができます。

 人間には心のサポートシステムがどうしても必要です。祈り祈られ、助け助けられる、という相互扶助の文化があります。

----------以下引用です


 「人が善をつくるのではなく、善が人をつくらねければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P358)

posted by ハッピーいちろ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

切磋琢磨

 長続きがする男性の友情の要素に、高め合うということがあります。

 統一教の120日間世界指導者修練会修了生と共に、明日は三人で建設的論議の場を持ちます。

 親しい仲にも礼儀を尽くして悔いのない論議の場となることを緊張感を持って念願し、確信します。

 和合統一には精誠の努力が必要です。呼吸と瞑想と祈りで一歩一歩前進します。

-----------以下引用です

 「皆様一人一人を呼んだのは神の六千年のみ旨の代わりとして立てるためであるから、皆様は皆様一個人を通して、サタンの墓の中であえいでいる多くの民を解放すべき大きな責任を感じなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P166)
posted by ハッピーいちろ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

友人の奥さんと映画「日本のいちばん長い日」

 友人が観たいということで映画「日本のいちばん長い日」のDVDを渡しました。

 今年の8月15日に私の家内が、疲れていたということもありますが、始まってまもなくギブアップした映画です。

 その友人はこの映画をまだ一度も観ていなかったようですが、奥さんはテレビのロードショウで既に観ていたそうです。

 そして今回も奥さん一人で最後まで観たそうです。友人自身は翌日の仕事に差し支えそうで途中で休んだとのことでした。

 実話がベースになっているとはいえ、あの暑苦しく息苦しく殆ど男しか出演しない映画を二度までも最後まで観る女性がいるのは尊敬に値すると私は思います。

 家内は映画「日本のいちばん長い日」を観ようと思えば観ることのできる環境にいますが、ちょっと難しそうです。それも無理もないと私は思っています。

 そういえばこの友人の奥方は、ご自分の夫君を理解しようという思いが日頃から溢れていたのだと、私にも納得できました。

--------以下引用です

 「自分を信じて進め!ひたすら一人で行くという立場で結晶体とならなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P128)
posted by ハッピーいちろ at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

目指せ!建設的「激論」

 統一教の男性食口が13、4人集まって話し合いました。

 じっくり話し合うにはちょっと多い人数だったかも知れません。

 本格的な議論にはなりませんでした。

 けれども一週間後の次回に繋がる会合になったことだけは確かです。

 価値ある新しいものを作るのは簡単ではありません。

 こうして準備の会合の場が持てるだけでも奇跡的な感じがします。

 統一教の120日間世界指導者修練会の修了生の一人が今日も共にいてくれました。

 ありがたいことだと痛感します。

-------------以下引用です

 「願いの一致、事情の一致があってこそ、心情世界が始まる。心情の源泉となれる資料をもちなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P300)

 
posted by ハッピーいちろ at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

意見交換時々「激論」

 統一教の男性食口(家族という意味の韓国語)の親睦の場を企画しています。

 とにかく週に一度定期的に集まって意見交換の場を作りました。男性は時に熱い議論が必要です。

 統一教の120日間世界指導者修練会の修了生の一人が幸運にも身近にいるので、助言をしてくれます。

 それぞれが心の内に持っている熱い思いを表現し合って理解し合うことは、それぞれの内的成長と集まりの発展の兆しを感じさせてくれます。

 楽しみが増えました。力を合わせて価値ある何事かを成し遂げる時が来ることを確信しています。

 神様に喜んでいただけるようになるのが心からの願いです。

-------------以下引用です

 「心情的な世界は平等である。家庭の拡大であり兄弟愛の世界である。」(文鮮明師『御旨の道』P310)
posted by ハッピーいちろ at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

友と語る

 今日は統一教での午後からの男性だけのある小会議の後、久し振りで会った友人と大通りの歩道での立ち話で思い切りおしゃべりしました。心が通じ合うのは楽しいものです。

 心が通じ合う友とのおしゃべりは人生のオアシスのようなものです。明日への鋭気を呼び起こしてくれます。

----------------以下引用です

 「人は東西南北のタイプがある。祈りもその人その人の恵みとなる時間が各々違う。」(文鮮明師『御旨の道』P478)
posted by ハッピーいちろ at 23:38| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

下肢静脈瘤

 先月末、親しい食口(統一教の友人)の一人が「下肢静脈瘤」の治療の為の手術ということで一週間病院に入院しました。

 「下肢静脈瘤」とは足の静脈の毛細血管の弁が故障して詰まりが生じて重症の時はその部分が壊死することさえあるというものだそうです。友人は無事治療を終えて元気に退院して来ました。

 ところで、二、三日前から私の右足が軽くつったままの状態になっていました。今晩、急いで立ち上がって歩こうとしましたら、プツと音がして右足の脹ら脛が硬直して痛くなりました。

 件の友人にも会ったので、私の右足の脹ら脛を見せましたら、「下肢静脈瘤の初期段階でしょう。こむら返りの原因になったりします。これなら直ぐ治りますよ。」ということでした。

 明日、勤め先の近くの整形外科に受診に行こうと思います。

---------以下引用です

 「立体的な生活に引っ掛からない人となりなさい。まず霊的な勝利の基台をなしておいて生活しなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P370)

posted by ハッピーいちろ at 23:49| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。