あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2011年07月13日

家族の心がひとつという思い出

 我が家は、長男23歳、次男21歳、三男18歳という三人の息子を天より授かっています。

 三人が小学校の頃は三人揃ってよく近所の友達と遊んでいました。

 私と四人で自転車で少し遠出して遊びに行ったことも思い出します。
 
 同じく私と息子三人の四人で自転車や車で買い物に行ったことも昨日のことのように思い出します。

 「清平」にも五人で大変ながらも何度も行って、楽しく過ごしたのを思い出します。

 家内も含めて家族五人の心がひとつの幸せな日々を過ごしたのを懐かしく思い出します。

 家族の絆を信じて明日に向かって進んで行きます。

 家内は今、歩き続けるのが困難な状態にあります。

 文鮮明師自叙伝「平和を愛する世界人として」を家内は今日も親族、友人、知人に三冊郵送しました。

 私もこれから郵送と手渡しの準備をしようと思います。

 夫婦で「自叙伝」430冊配布まであと113冊です。
posted by ハッピーいちろ at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。