あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年12月24日

時に慰労あり

 昨晩の忘年会のカラオケの件で120日間世界指導者修練会修了生から励ましを受けました。

 「壮年の方達は日頃仕事でくたくたになっておられるので、時にはカラオケもいいですね。月に一度でもいいですね。」(文責管理者)

 確かに人間には時に慰労が必要です。

 夫が誇りと前進する意欲を自ら呼び起こすのに、妻の理解と信頼と敬意程力があるものはありません。

 そして友達との心の交流も男性にはどうしても必要です。

----------以下引用です


 「食口として食口を知らなければ滅びる。」(文鮮明師『御旨の道』P306)

posted by ハッピーいちろ at 23:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

* メリークリスマス! 今日は世界的にクリスマスの礼拝が行われています。私も田園調布教会の礼拝に与りました。
今年も終わろうとしています。
お疲れ様でした。
良いお年を。

*統一教は伝道熱心、信仰生活熱心、オリジナル教理など優れた長所をお持ちです。
 長所を生かし、活躍されることを願っています。

*ハッピーいちろ さんと初めてお会いした頃、大きな大事な約束をしました。
(ハッピーいちろ さんの出身校であり名門校であるK高校の前で)
「地上天国」の我々の間の定義の約束です。
小さなことは忘れてもいいですが、大きな約束は覚えている義務がお互いにあろうと思います。
以下は会話の骨子を再現

「地上天国とは何ですか?」と尋ねると
「文字通り、地上でも天国ができることだ」
「文字通り、地上でも天国ができるとはどういうことですか?」
「地上でも統一教会が明確に優勢になることだ」
「地上でも統一教会が明確に優勢になるとはどういうことですか?」
「現実に政権を取ることだ」
「現実に政権を取ることというのは統一教会に籍を置いている人が政権を取るということですか?」
「文字通りシックが政権を取ることだ」
「我々が死んでからでは証明がない。期限が必要です。それは我々が生きているうちになされるということですね?」
「その通りだ」
「それは文字通り政権を取るということだから、シックにだけ理解できるということではなく、通常人100人が100人とも統一教会が政権を取ったと理解できるということですね?」
「その通りだ」
「我々2人の間の定義ということで構わないが、今から30年あればいいですか?」
「今から30年以内に政権を取る(を約束する)ということで構わない。但し、政権を取るのは日本でなく、韓国かアメリカのいずれの可能性もある」
「それでいいです。 日本でなく、韓国でもアメリカでも結構です」

上記の大きな大事な約束をしました。
「地上天国」の定義は統一教の定義とズレている「可能性」があるのは互いに認識していましたが、互いの良心においてこの定義を重んずるということだったのです。
 明年は未だその年ではありませんが、まもなくです。
この大きな約束に対し

  そんな約束をしていないとか
  そういう約束をしたが大したことではないとか

責任逃れ的言動をしてほしくないです。
そして約束の30年経過目前の現時点でほぼ確率ゼロになってしまいましたが、ハッピーいちろ さんは決してそのような非誠実な言動はしないだろうと期待すると共に信じています。

*地上天国問題を抜きにしても、霊感商法訴訟でも青春を返せ訴訟でもその他の問題でも日本、韓国、米国いずれでも統一教は国民の信用を十分に得ていません。
 そのあたりを100%不当として全く考慮しないのではなく、社会常識・国際常識を軽視せず、謙虚に受け留めて頂きたいと思っています。
 (愛すれば愛されます。 国際社会・一般人を愛すれば国際社会・一般人から愛されます。国際社会・一般人を軽んじれば、国際社会・一般人から軽んじられます)
 その上でそれに打ち克つならみんな拍手するでしょう。
少なくとも統一教に接して良かったと多数が思えるような状況になると良いですね。

*「法」を軽視せず、あまり狭く捉えないほうがよいのではないかと思います。
どこの国にでも殺人罪は存在し、窃盗罪も存在するのです。
国際司法共助・国際指名手配なども進んで来ています。
EU27か国はEU司法裁判所を持つようになりましたし、
国際司法裁判所・国際刑事裁判所も年々役割のウエートが上がってきています。
 濫りに「天法」と言うのは或いは思うのは良くないでしょう。 さもないと法を軽んじると多くの人が思うでしょう(絶対言ってはいけないというのでは勿論ありません。それでは付き合う前提に欠けるのは理解できます。)

*人間関係は鏡のようなものであり、ハッピーいちろ さんや統一教が悪霊恨霊とある人々を思うと、その人々からハッピーいちろ さんや統一教が悪霊恨霊と思われるでしょうから注意して下さい。
 通常人を悪霊恨霊だと思っていないでしょうが、ハッピーいちろ さんや統一教の方々は上から目線の言動が多い  と多くの人は思っているので、そのへんを注意した方が、より活躍するためにも良いと思います。
 誰しも自分の意見を正しいと考え、優先したいものですが、自由主義の社会、民主主義の社会においては、自分と異なる考えの人に対し、もっと寛容であって頂きたく思います。
 どうも誰もハッピーいちろ さんの耳に入れる人はいないようであり、一方私は通常人より明らかに好意的に見ており、ハッピーいちろ さんの気持ちも理解できますので、不肖私が多少おせっかいではありますが、アドバイスします。

*一生懸命やると正当なプライドを持つのは当然だとは思っています。 プライドに関しては通常人の平均より理解があるつもりです。


* これまで50人以上の牧師・神父と語り合う際に、「統一教は、あなたが言う程悪くはない。統一教にはこういう長所もあり、こういう長所もある」と弁護して来た私の立場にもご配慮下さい。
(今年だけで約10人と話しています)

*ハッピーいちろ さんは社会常識が通じる方のはずだと信頼しています。
勿論、歩む道は100%同じではありませんが、互いを認め合う中で、今後も率直に語りあえたら良いなと思っています。
 良心において誠実に対応したいと思っています。

*統一教の長所は本当はもっと実感していますが、今日はあまり言わないことにします。


*ハッピーいちろ さんの愛する大事な奥様、楽しみなご子息にもよろしくお伝え下さい。

*明年(=2011年=キリスト暦、=5771年5772年=ユダヤ暦、=1432年1433年=イスラム暦)、ハッピーいちろ さんに良いことがたくさんありますように!
Posted by ak at 2010年12月25日 00:12
 akさん、熱意溢れる長文のコメントをありがとうございます。

 真摯な苦言を心して受け止める所存です。
Posted by ハッピーいちろ at 2010年12月25日 09:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。