あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年12月14日

妻へのラブメール

 私は来春還暦を迎えます。

 私達夫婦は出会って32年、結婚して24年です。

 ふとしたことから、家内にラブレターならぬラブメールを送るようになりました。

 これまでも何度か、単なる連絡ではない、多少長文の手紙のようなメールを家内に送ったことはありました。

 今回は家内への感謝の思いをメールに綴って一度送りましたら、毎日のように家内への愛の告白メールを送りたくなりました。

 面と向かっては照れて言葉にできないこともメールでしたら、自分の心から溢れてくることを文章にしてそれを推敲してから送ることができます。

 手紙を書いて手渡しということも選択肢にあるのかもしれませんが、メールは書いて直ぐ届きます。

 6日間続けて毎日、一日2、3通のメールを仕事の合間や昼休みに打って送っています。

 あまりに頻繁なので家内も当惑しているかも知れませんが、帰宅してからの会話が更に親密になりました。

 私がメールで日頃思っていることを送り、家内は私の帰宅後話で思いを伝えてくるという毎日になりました。

 家内自身携帯メールを仕事や友人達との連絡に使っています。

 今日も連絡メールは家内から私にも届きました。

 私の帰宅をニコニコして迎えてくれるので、私のメールは家内の心に届いていると思います。

 私は妻へラブメールを毎日送ることで日々が新鮮で感動的になったように感じます。

----------以下引用です


 「恵みというものは世界を救うために神様が与えてくださる恩徳である。ゆえに、自分だけのものとして考えてはならない。」(文鮮明師『御旨の道』P381)

posted by ハッピーいちろ at 23:13| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かったですね。
因果応報で幸せは日頃の努力の賜物です。
Posted by ak at 2010年12月15日 03:26
 akさん、心温まるコメントありがとうございます。

 私もakさんのお幸せを心から祈っております。
Posted by ハッピーいちろ at 2010年12月15日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。