あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年12月13日

恨霊の方に振り回されるなかれ

 酷い仕打ちを受けて命を落とした方は通常では死後も恨みを抱かざるを得ません。

 恨みを晴らそうという思念と執念によりその存在様相は危害を及ぼす存在で、所謂悪霊的になります。

 しかしその経緯が同情できて余りあるので、「悪霊」とは呼ばずに「恨霊(はんれい)」とお呼びします。

 恨みを晴らしたい一念が凝り固まった存在ですから、取り憑いた人に危害を加えたり、命を落とさせようとします。

 「恨霊」の方は蟻の卵のように小さくなって、生きた人の細胞の中に無数に存在しているといいます。

 勿論肉眼では見えませんから、始末に困ります。

 霊的存在は人間の思いに働いて作用します。

 作用された人間の思いに照準を合わせて働きかけ、犯罪行為を行わせることもあります。

 そんなふうに恨霊の方に翻弄されて起こさせられると思われる犯罪が最近特に目立ちます。

 犯罪行為に至らなくても、不本意な言動をしてしまうことはもっと頻繁にあります。

 自分の思いが自分の本心からのものか何か背後の霊的存在に操られたものなのかを峻別する必要があります。

 統一教ではそういう問題に対しましても深い洞察と解決策を提示しています。

----------以下引用です


 「だれかが忠告したなら、100パーセント受け入れなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P351)

posted by ハッピーいちろ at 23:49| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

「悪霊・恨霊」

→どういう人を悪霊と言っているのでしょうか?
例えば左翼の方々ですか?
私は左翼を支持しませんが、人は全て尊い存在です。
「全国霊感商法対策弁護士連絡会」の山口弁護士は「カトリックの高校出身でも宗教にまったく関心がなかった」が、長年統一教会と対峙するうちに、「統一教会に刺激されて宗教書を読み続け、宗教こそが21世紀の日本を本当の意味で立て直すものだという確信を深めるようになった」とまで言っています。
 安易に自分たちのみ清しと他を悪霊・恨霊と呼ぶのは危険です(もし左翼でない私までが悪霊・恨霊と100%或いは部分的に思えるようになったら、明確に言って下さい。善意によるコメントはそこまでになります。或いは言われなくても私の方で辞めさせて頂きます。そもそも当初は週1回か隔週のコメント・閲覧はその倍くらいを想定しており、100%中止しなくてもどこかでその水準に戻したいと思っています)。

「だれかが忠告したなら、100パーセント受け入れなければならない。」

→賛成です。こちらの方で是非お願いしたいと思います。国でも会社でも個人でも反省しない所は改善がなく、改善が無い所は進歩がありません。
 売れない場合・否定される場合に安易に価値がわからないから売れない・否定されると考えるのではなく、謙虚に反省する必要があるように思います。



*参考ー通常の弁護士や大学教授などが私を見るとハッピーいちろさんのように相対的に見えるのだろうなと思っていつもコメントしています。
 これは以前会うたびに繰り返し言ってきたことですが、ハッピーいちろさんは忘れている可能性があり、 大事なことなので、覚えていて下さい。
 即ち、ハッピーいちろ さんを自分と切り離して見たことは一度もないということです。
 

Posted by ak at 2010年12月14日 07:10
 akさん、長文のコメントありがとうございました。

 今回の私の趣旨は本文にある通りで、特定の立場の人を念頭に置いたものではありません。
Posted by ハッピーいちろ at 2010年12月14日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。