あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年12月11日

夫婦と神様

 統一教の教えを学んで、神様がどんな願いを込めて人間を創造されたかを知れば人生の意味と目的が明確になります。

 結婚の意味もはっきりしてきます。夫と妻が心を通わせて力を合わせる時、有形無形のどんな素晴らしいことができるかと、神様は見守っておられると推測でき、やがて実感できることでしょう。
posted by ハッピーいちろ at 22:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
* 統一教が家庭を大切にするのは正しいことだと思います。
 地位や財産その他も幸福の要素ではありすが、一番重要な要素ではなく、家庭と幸福の相関関係が一番強いと思います。


*結婚についてコメントすれば、確かに「私のように独りでいるのがよい」「私のように独りでいてほしい」「天の国のために結婚しない者もいる」という御言葉もあり、これらも十分意味がある御言葉であるとは思いますが、「人が独りでいるのは良くない」という御言葉がやはり基本になると思います。
 プロテスタント各派、聖公会、ギリシャ正教、ユダヤ教、イスラム教なども聖職者は基本的に結婚するのが原則になっています(でもカトリックはカトリックの長所があると思います)。



Posted by AK at 2010年12月12日 15:35
 AKさん、コメントありがとうございます。

 何はともあれAKさんのお幸せを心から祈っています。
Posted by ハッピーいちろ at 2010年12月12日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。