あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年12月10日

我が家の長男と「冬の旅」

 歌曲集「冬の旅」フランツ・シューベルトによって亡くなる一年前の30歳の時に作曲されました。

 31歳という若さでシューベルトが他界したことを長男に話しますと、長男は言いました。

 「それは残念だね。こういう曲を創った人がもっと生きたら、いろいろな心境を味わって更に深い曲を創れただろうね。」

 今回は長男のお蔭でシューベルトの歌曲を今までよりも心情的に深く鑑賞できるようになった気がします。

 「冬の旅」の歌詞を印刷して長男に渡しました。

 長男がドイツ語で歌われているのを聞いて感じたように、深刻で痛切な若者の心情が表現されています。

 長男と長男のバンド仲間はじめ長男の友達の人生が神様に導かれるようにと祈る次第です。

----------以下引用です


 「生命よりも尊いものは愛である。なぜなら愛なくして生命があり得ないからである。」(文鮮明師『御旨の道』P321)

posted by ハッピーいちろ at 23:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「神様に導かれるように」

→統一教会が信仰熱心であることはとても良いと思います。
 信仰は趣味であってはならず、諸教派は見習うべき所があると思います。
 しかし、統一教会が100点90点80点でカトリック、プロテスタント、ユダヤ教、イスラム教、通常の日本人には「神の導き」は0点10点20点ですか?
 ハッピーいちろ さんは統一教を全力でやってきた立場ですので、統一教を長男さんに継いでもらいたいと望む気持ちは当然理解できますが、長男さんの神の導きは0点10点20点ですか?
 あらゆる会社やスーパー・コンビニや飛行機やパソコンや議会・裁判所には神の導きはありませんか?
そう思うなら全能の神ではないと思います。
 奢ってはなりませんし、第二戒、第三戒を日常生活から幅広く捉え、深く守っていく努力をする必要があるように思います。
 「全地を裁く者は公義を行うべきではありませんか」
Posted by AK at 2010年12月11日 05:31
 AKさん、コメントありがとうございます。
 
 おっしゃる通です。異論はありません。
Posted by ハッピーいちろ at 2010年12月11日 08:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。