あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年12月09日

H.A.先輩の奥様が来られました

 統一教の私が通う教会の精誠祈祷会に先日昇華されたH.A.先輩の奥様とご長男が来られました。

 脳幹出血で倒れられてから8日間、ご家族は意識のないH.A.先輩と語り合い続けられたそうです。

 奥様が話し掛けられると、意識のない状態で集中治療室に横たわるH.A.先輩の目から涙が流れたり、泣いて嗚咽するような呼吸になられたりということが何度もあったそうです。

 「霊人体(霊の心と体)が確かにそこにいて話を全て聞いているということを実感せずにはいられませんでした。」

 「8日間夫婦で語り尽くす時間を与えられて神様に感謝します。」と奥様は語られました。
 
----------以下引用です


 「天が見せたいし地が誇りたいものは何であろうか。天地の心情的な因縁をもってつくられた『私』なのである。」(文鮮明師『御旨の道』P310)

posted by ハッピーいちろ at 00:02| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。
私の父も亡くなる直前このような状況になりました。
たとえ直接の連絡は取りづらくなっても、父は全部聞いていると私も思いました。
Posted by AK at 2010年12月09日 07:25
 AKさん、コメントありがとうございます。そうでしたか。AKさんのお父上ももう霊界におられるのですね。お父上のご冥福を心からお祈り申し上げます。
Posted by ハッピーいちろ at 2010年12月09日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。