あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年10月28日

ベートーヴェン交響曲第7番の推進力


 本日の帰路の車中の「母と聴くベートーヴェンの交響曲」は交響曲第7番でした。

 ベートーヴェンはこの曲で一つの革新を果たしました。

 音楽自体に推進力を持たせたのです。音楽に推進力を内在させたと言えます。

 正にベートーヴェンの交響曲の奇数番の奇跡です。

 この曲は後代の作曲家に多大な影響を残したに違いありません。

 「のだめカンタービレ」でも取り上げられていたのを予告編で見ました。

 今日も、母も父も眠らずに聴いていたようです。

 ベートーヴェンの音楽の心地よさを体現した曲だと思います。

----------以下引用です


 「侍ることによって救われる。それをどれぐらい実感したのか。」(文鮮明師『御旨の道』P400)

posted by ハッピーいちろ at 23:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。