あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年10月14日

ある友人のその後の経過

 椎間板ヘルニアで手術したある友人の奥さんは、リハビリに励むご主人の今後を思う一心で、ご主人の写真を持って10月10日の「天地人真の父母定着完了10・14祝福式」に、インターネット同時中継にて統一教の地元の教会で参加しました。

 この友人夫妻は3万双の既成家庭ですが、ご主人の苦境の中でも天運を受けた今回の祝福式参加でした。

 左足は曲げ伸ばしができますが、右足は足の指が少し動く程度の状態です。

 友人自身が「リハビリは山有り谷有りです。」と語っています。病院からもそう言われているのだと思います。

 リハビリは正に奇跡をつくるようなことなのだと思います。

 友人がそのようなリハビリの毎日の生活の中で神様に心情的に近くなることを心から祈ります。

 今日はチリの銅鉱山での落盤事故で閉じ込められた作業員33人全員の奇跡のような無事救出に世界が湧いた日です。

 友人の身の上にも信仰による「奇跡」が起こるようにと切に祈る者です。

 その「奇跡」は先ず友人の心の中に訪れるのだと思います。

 友人は様々な事情から十数年間定期的には教会に行っていませんでした。

 友人が神様父母様と内的に深く出会えるようにと切に祈る者です。

 温かく見守り、心から応援したいと思います。

 毎日病院に通う寡黙な奥さんと共に神様がおられるのを感じます。

----------以下引用です


 「女性たちは感性が豊かであるから神を慰めることができる。女性から堕落が始まり恨みとなったゆえに、この恨みを女性たちが晴らしてあげなければならない。」(文鮮明師『御旨の道』P320)

posted by ハッピーいちろ at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。