あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年09月04日

長男が買って来てくれた本

 
 二、三日前に長男が「これ百円で売ってたから上げるよ。」と言って一冊の本をくれました。

 「小田和正インタビュー たしかなこと」という2005年6月8日第三刷発行(初版第一刷は同年3月18日)の元々は1500円の本です。

 私は30代に入った頃、長男が生まれる数年前ですが、「オフコース」を聴くようになり、20年以上経って歌が好きな長男にそのアルバムや曲を紹介しました。

 長男はオフコースの歌は私が今でもカラオケで歌うのを知っているので、この本を買ってくれたのだと思います。

 たとえ百円で買ったとしてもその気持ちが親は嬉しいものです。元々の本の値段1500円以上の価値に感じられる程です。

 こんな時神様への思いに浸ることができます。長男と長男の友達と長男の年代の若者達ひとりひとりと共に神様がおられますように。

--------以下引用です

 「人格の中心は、真理にあるのではなく心情にある。」(文鮮明師『御旨の道』P282)
 
posted by ハッピーいちろ at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。