あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年06月24日

拉致監禁・強制改宗は人権侵害の犯罪です

 統一教人の若者や夫人に対する拉致監禁・強制改宗事件が続いています。http://blogs.yahoo.co.jp/www85430/43591354.html
http://rachi.info/
http://feather.iza.ne.jp/blog/

 拉致監禁被害者の親御さん達や旦那さん達の不安を煽って犯罪行為に踏み切らせる牧師の方達は祈っておられるのでしょうか。

 そういう犯罪行為を行うことをイエス様も神様も願っているとどうして思えるのでしょうか。

 明治政府は当初キリスト教を禁止し迫害しました。欧米の批判を受けてやっとキリスト教への迫害を止めたのです。http://jpco.sakura.ne.jp/shishitati1/kou-moku-tougou1/kou-moku42/kou-moku42a0.htm

 迫害された歴史を持つ日本のキリスト教の牧師の方達の中に、現代日本で、統一教人の若者や夫人に拉致監禁・強制改宗の迫害を加える人がいるのはどうしてでしょうか。

 少数の方達とはいえそういう方達は、信教の自由の根本がお分かりになっていないと断ぜざるを得ません。日本では信教の自由は外圧で実現したからでしょうか。

 人類が歴史を懸けて勝ち取って来た成果である、信仰の違いを互いに認めて共存共生するということに、真っ向から反対する行為です。

 日本は歴史的に様々な信仰を受け入れ咀嚼し消化して、日本の精神文化の滋養として来ました。日本文化が更に花咲き豊に実りを結ぶことを祈ります。

---------以下引用です

 「積善というのは、他人に与えてしまうことである。自分は思わないが、自分のために祈ってくれる人を多くもてば、その人は絶対に滅びない。」(文鮮明師『御旨の道』P383) 
posted by ハッピーいちろ at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。