あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年06月14日

私の母と我が家の長男

 父と私は家業の会社経営に当たっています。私が父と母を車で実家から会社まで片道40分の道程を送り迎えしています。

 先月から我が家の長男も一緒に乗って会社の手伝いに通っています。4、5年前に同時に行われた実家の引っ越しと会社の移転の際の荷物の整理整頓に当たっています。

 父も母も「良くやってくれる。」と感心しています。特に母にとっては驚異的に素晴らしく感じられるようです。

 母にとっては毎日孫である我が家の長男が手伝いに来てくれることが嬉しく感じられて、みるみる元気になって来たようです。

 我が家の長男にとっても毎日祖父母と仕事をしながら接することはいい経験になっているようです。

 父母の愛だけでなく祖父母の愛に触れることは人生で大きな力を得ることだと改めて感じます。私の母には孫の為には何でもして上げたいという思いが溢れているのを感じます。

 そういう祖母である私の母と生きて一緒に過ごすことは我が家の長男にとって大きな意味があると改めて感じます。

 神様を中心として親子三代が心を通わせて生きることを、神様が願っておられるのを痛感します。

---------以下引用です

 「善なる人は、自然を見ても、どこへ行っても、いつでも心情でもって包むことのできる者である。」(文鮮明師『御旨の道』P292) 
posted by ハッピーいちろ at 21:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。