あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年06月03日

鳩山首相が目にされたもの

 今日の記事も私の個人的な感想です。 

 鳩山首相はアメリカのスタンフォード大学で博士号を取得されています。専門はオペレーションズリサーチ(略してOR)だといいます。

 ORは限られた資源と資産を使って最も効率の良い解決策・対応策(最適解)を見つけ出し、それを説明する手法だと理解します。


 鳩山首相は日本にとっての最適解を求めて実行しようとされていたという説は説得力があります。一国の総理になられて野党の指導者時代には見えなかったものを目の当たりにされたというのは間違いないことでしょう。

 日本の置かれた危うい立場と状況をはっきりと認識されたことでしょう。「抑止力」「東アジアの危機」「日米同盟の堅持」と語られていたと記憶します。

 次期総選挙には出馬されないとも表明されていました。ということは政界引退ということを意味していることになります。

 鳩山首相は政界引退後はどのような人生を生きられるのでしょうか。神様の祝福があることを祈ります。

---------以下引用です

 「我々の人生は、過ぎた道を再び立ち戻ることができない道である。」(文鮮明師『御旨の道』P28)

posted by ハッピーいちろ at 21:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。