あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年05月20日

切実な願い

 「天運相続 祈願書」は神様へのお手紙だと益々実感しました。何週間も書き続けて来たことが先週の半ばに遂に現実となりました。

 ここで詳しく書けないことが申し訳ありませんが、「祈願書」は決して高価なものではなく、ケーキ・コーヒーセット代に比べられる程のものです。

 大切なことはその「祈願書」に精誠を込める(精誠を積み上げる)ということです。心に悶々と積もりかねない悩みを、神様への手紙として文章に書けるということが、どれ程心を軽くしてくれることでしょう。

 日本では毎年3万2千人以上もの方々が自殺に追い込まれています。そういう方々に統一教の「天運相続 祈願書」書かせて上げたら生きる力が湧いてくるかもしれません。

 そうすれば「死ぬしかない。」と思った人が自殺を思い止まって元気に溌剌と人生を全うするようになるかもしれません。

 それは日本全体にとっても非常に喜ばしいことであることは間違いありません。

-----------以下引用です

 「統一教会に入ってきたのは福を受けようとするためではなく、全部取りだして麹をつくって世界に分け与えるためである。」(文鮮明師『御旨の道』P208)


 
posted by ハッピーいちろ at 22:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。