あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年03月29日

母の心の安らぎ

 母は数年前に半年間程、朝6時半から夜6時過ぎまでマンションの一室で一人で過ごしていました。自営業の会社が両親の自宅から離れた場所に移転した為です。

 孤独を訴える母の悲痛な言葉に心配して、父は私が運転する車で母を一緒に連れて会社に通勤し、会社の中に母が寛げる部屋を用意しました。帰りも三人で帰って来ます。

 そのようにするようになってから母は次第に元気になって来ました。季節によっては輝く日の出を眺めながら通勤し、真っ赤な夕日を見ながら帰宅します。

 丁度、朝は西から東へ、夕方は東から西への移動です。朝も夕も車の真正面に太陽があります。朝日を浴びながら一日を出発するのは清々しいものです。

 これからは桜の見頃です。行きも帰りも桜の「トンネル」を潜って車が走るコースを選んで通ります。毎日いろいろな景色を見ておしゃべりしながら移動することでも母は元気になれるように思います。

 今日はあいにく仕事で外出したこともあり、やるべきことで時間が過ぎ、母に昨日の統一教の「天運相続 祈願書」の説明をして渡すことはできませんでした。

 母が神様への手紙であるこの祈願書を書けるように、先ず私自身も祈願書にそのことを書きたいと思います。

----------以下引用です

 「人より豊かな人生をもとうとすれば、人より豊かな(長くなっても忘れられない)余韻をたくさんもたねばならない。」(文鮮明師『御旨の道』P270)
posted by ハッピーいちろ at 23:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。