あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年03月28日

母の願い

 私の母は昨年11月15日で満81歳になりました。21歳でお嫁に来て、翌年私を産んでくれました。とても若い母親だった訳です。

 以来、自営業者の妻として舅に仕え、従業員の三度の食事の準備にと休むことなく働きました。小舅(父の弟)と小姑(父の妹)も一人ずついました。

 父方の祖母は叔母を産んで1、2年で他界しましたから、早く母親をなくした叔父と叔母は寂しい日々を送っていたようです。

 母が雑巾掛けをしていると、当時精神的に荒れた義理の弟(私の父の弟)にバケツを蹴飛ばされたといいます。

 小舅・小姑も結婚して別所帯となり、従業員の昼食を給食センターに依頼するようになり、従業員も所帯をもって独立するようになり、最後に残った住み込みの独身従業員が都合で退職して、母が家族以外の食事の支度から解放された時、母は既に70歳になろうとしていたと思います。

 そんな母に、「人が見るものではなく、神様への手紙だから、願い事を書いて。」と告げて、統一教の「天運相続 祈願書」を明日渡そうと思います。

 遠い記憶はしっかりあるのに近い記憶が定かでないことを自覚して悩む母が、その様々な思いを感謝も含めて神様にお手紙する機会になることを願う次第です。

------------以下引用です

 「祈りは誠を集中させること。」(文鮮明師『御旨の道』P471)
posted by ハッピーいちろ at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。