あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年03月24日

日本の家族関係

 日本の家族関係は歴史的に世界に類例を見ない程の固い絆で結ばれていたものでした。江戸時代末期1865年3月17日、長崎の大浦天主堂での「信徒発見」(クリックして下さい)はそれを物語る驚異的な例です。

 江戸時代初期のキリシタンは禁令と鎖国の中、指導者もいない中で死の危険があったにも関わらず、250年10代に渡って隠れキリシタンとして信仰を持ちこたえました。

 今日、日本の家族もバラバラになりかねない脅威に晒されています。夫婦、親子の信頼の絆を大切にしたいものです。

-----------以下引用です

 「愛の根は神様にある。父母の愛、夫婦の愛、子女の愛が完全に一つとなれば、その中央に神様が臨在なさる。」(文鮮明師『御旨の道』P300)

 
posted by ハッピーいちろ at 21:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。