あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年03月06日

「国際連合」は「連合国」

 国家エゴの矛盾を脱却できずに苦しむ国連の姿があります。日本人が平和の理想の体現の如く信頼してきた国連はUnited Nations=「連合国」を日本人に受け止められ易いように意図的に「国際連合」と「超訳」したものだといいます。

 国連憲章の日本語訳には隠さず「連合国」と訳してあるといいます。日本、ドイツ、イタリアに対する敵国条項もそのままだとしたら平和の為の組織どころではありません。

 深く掘り下げて知る必要があります。中国とロシアが拒否権を発動すれば何も決められません。日本が常任理事国入りするなど、現状では無理と言うしかありません。

 日本はひところのアメリカの次に多くのお金だけ出して発言権は殆どなしという状態と言うしかありません。中国もロシアも殆どお金は出していないといいます。

 文鮮明師が提唱された国連改革がどうしても必要です。

-----------以下引用です

 「神の内容を発表して、共産主義者までも泣かすことができれば、その力は共産主義をも克服して余りある。」(文鮮明師『御旨の道』P70)


 
posted by ハッピーいちろ at 23:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。