あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年03月04日

キラー衛星の脅威

 まさかの時、共産中国はアメリカの目とも言うべき監視衛星等を全て破壊する用意ができているといいます。キラー(=他の衛星を破壊する)衛星、恐るべしです。

 共産中国は2012年が過ぎればアメリカにも戦争で勝てると踏んでいるといいます。日本が事態と情勢を正しく認識して賢明に対処しないと大変なことになります。責任は重大です。

 平和を作り出すのは「東アジア共同体」ではなくて「環太平洋共同体」です。「東アジア共同体」では中国の思う壺に填るだけです。

 世界の平和には日韓米の結束が何より必要です。日本が単独で中国に近付けば共産中国に飲み込まれるだけです。

 日本が対応を誤れば北朝鮮は中国に先ず飲み込まれ、朝鮮半島の南北統一の夢も潰え、そればかりか韓国も台湾も沖縄も中国に飲み込まれます。そして次は直ぐ日本が飲み込まれる番です。

 日韓米が結束すれば中国の野望の達成しようとするのを思い止まらせることができます。日本国民は歴史的な決断をしなければならない立場に立っています。

--------以下引用です

 「キリスト教徒は『イエス様を信じて天国に行こう』と信じているが、統一信徒は統一教会を信じて世界を救わねばならない。そうして世界がかえって『あなたが必要であります』と言って統一信徒を引っ張ってくれれば、そのときになってやっとついていこうとするのである。」(文鮮明師『御旨の道』P78)
posted by ハッピーいちろ at 22:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。