あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年02月22日

長男と北方謙三「三国志」

 我が家の長男が北方謙三「三国志」全13巻をもうすぐ読了するということでそのことで話の花が咲きました。北方謙三「三国志」は正史をベースに創作を加えた内容だと言います。

 長男が横山光輝「三国志」(「三国志演義」をベースにした吉川英治「三国志」が原作に当たるのだと思います。)やアニメの三国志を読んだり見たりして来て抱いていた疑問が幾つか解けた思いがすると言っていました。

 北方氏は相当「三国志」が好きで何度も読んで自分でも納得できるように解釈して書いたのだろうと長男も感じたそうです。

 「三国志」を通して歴史に関心を抱き、人物への理解を深めるのは本当にいいことだと思います。若い人達がゲームだけでなく原作にも触れて行くのは好ましいことだと期待できます。

 歴史的な興亡盛衰を知って人生の大きな節目で賢明な判断をして欲しいと切に願います。

----------以下引用です。

 「三代が同じ心情で誠を尽くせば、神様が共に働いてくださって、その後孫が滅びることはない。」(文鮮明師『御旨の道』P301)

posted by ハッピーいちろ at 21:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。