あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年02月14日

伯母と叔母

 母のすぐ上の姉である伯母(83歳)と母のすぐ下の妹である叔母(78歳)のことです。伯母は夫に先立たれたばかりで一人暮らしです。直ぐ近くに家族は住んでいません。

 叔母は夫と二人暮らしで比較的近くに娘夫婦が住んでいますが、その夫婦を通しての孫はいません。息子夫婦を通しての孫はいますが、住んでいる所は直ぐ近くではありません。

 祖父母・父母・子の三代が同じ生活圏に暮らすというのはそれぞれの世代の幸福と活力を増大してくれると推測できます。

 一人暮らしの伯母の家にこの叔母を泊めてもらって2月17日の天宙祝福式という大切な式典にこの伯母と叔母に出てもらおうと予定しています。

 二人はそれぞれ今回の聖酒式を受けています。姉と妹の何十年振りかの再会でもあります。ここに私の母(81歳)が加わったらどんなに素晴らしいかと思います。

 しかし残念ながら、諸般の事情から母は後日の録画映像視聴にての参加となる見込みです。それでも天の恩恵は計り知れません。

 今日は陰暦の元旦です。大きな節目の時でもあります。我が氏族、親族が神様の摂理に同参して人類の救いに少しでも貢献できますことを願い感謝しています。

------------以下引用です。

 「得たものも失ったものも知らない者には、それ以上の勧告は必要ない。我々の歴史は感謝感激の涙を流すところからなされた。」(文鮮明師『御旨の道』P382)
 
posted by ハッピーいちろ at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 親族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。