あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年02月04日

世界平和達成の目標へのカウントダウン

 何の説明もなく2013年1月13日までのカウントダウンを始めてしまいましたが、破局の恐ろしい終末思想ではなく、真の愛の神様と人類の夢の実現へのカウントダウンです。

 人類の真の父母である神様が、これ以上人類が互いに殺し合ったり傷つけ合ったり苦しめ合ったりすることが続くのを容認できない、とお考えだとしたら、人類の夢が実現する道が必ずあるということです。

 事実、神様は人類が互いに尊重し合い愛し合うのを願って人間を創造されました。それは私達の良心が証しています。

 地上で生きた人々が生前、裏切りに遭い非業の死を遂げたり、心からの幸福を味わえなかったとしたら、死後も霊界で苦しみ悲しむことになります。

 死後はない、霊界はないと言う人も少なくありませんが、多くの人の探求の成果もあり、死後の世界の実在を完全に否定出来る人も少ないと言えます。

 事実霊界はあるのです。その霊界からの作用で地上に様々な事件や災悪が起こるということが地上での生活を難しくしています。

 霊界に行った人々が幸せになることは地上の人々の幸せを支えてくれます。現代は人類の歴史の総決算の時ですので尚更です。

 そして神様が2013年1月13日に地上天国時代の幕開けを願っておられるとしたら、これからの3年間がどれほど貴重な期間となるでしょうか。

----------------以下引用です。

 「一つになろう。世の中にいるすべての父母、兄弟、子女を自分の真の父母、兄弟、子女として思えるならば彼は天国の門の鍵をもった者である。」(文鮮明師『御旨の道』P228
posted by ハッピーいちろ at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。