あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年02月02日

人類の希望は神様の悲願

 万人が幸せである世界の実現は人誰しもの本心で願っていることです。人間の本心や良心は神様に繋がっていると言わざるを得ません。

 全人類が神様の愛で結ばれる日が必ず来ると言えるのも人間に例外なく良心があるからです。その良心が拘束されて働けないことがあるのが、神様の悲しみであり、人類の痛みです。

-----------以下引用です。

 「今の時代を心配するより未来を心配すべきではないか。」(文鮮明師『御旨の道』P126)
posted by ハッピーいちろ at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。