あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2010年01月08日

祈りと瞑想

 夫婦の心情一致の土台の上で互いの意見を尊重し理解し合った父母として、息子達の永遠の命と幸せを願う愛の心情が神様に届くかどうかは深刻な問題です。

 我が子だけを愛するという姿勢では自分の本心も納得しません。人類を愛し、他の家庭のお子さん達の幸せを願う心情で切実に祈る姿勢を通過してから、我が子の永遠の命と幸せに向き合わなければならないと痛感します。

 神様の愛が降りて来る家庭を目指してみ言と祈りと瞑想で何とかして辿り着かねばならない心情があります。その為に夫婦が力を合わせ助け合わねばなりません。

 息子達の心の叫びを聞いて神様に繋げることができるのを切望します。息子達の本心の叫びを聞ける親になりたいと渇望します。

 全ての始まりは夫婦の心情一致です。それが確実に再確認・再出発出来たことが、我が家庭にとってこの2010年の年頭に当たっての天からの恵みです。

------------以下引用です。

 「この世で一番かわいそうな人は財産をもっていない人ではなく、妻と子をもっていない人である。そのために神がかわいそうだというのは、愛することのできる対象をもたなかったことである。それが神の悲しい事情であったゆえに、それを探し求めてきたのが神の導かれた宗教歴史である。」(文鮮明師『御旨の道』P319)
posted by ハッピーいちろ at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。