あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2009年12月30日

静かなそして密やかな感動

 今日は私にしか分からない感動の時間を与えられました。次男はアトピー性皮膚炎でもう何年も苦しんで来ました。父親として、して上げられることは精一杯して愛情を持って見守る日々です。

 ちょっとした行き違いから、心開いて語り合うチャンスを掴めずに一年近くが過ぎました。ホ・オポノポノの心をクリーニングする四つの言葉「ごめんなさい。許してください。ありがとう。愛しています。」http://sjichiro.info/article/135704992.htmlは本当に心に響きました。

 自分の潜在意識に「ごめんなさい。許してください。ありがとう。愛しています。」と語り掛ける時、それは次男に対して語り掛けたい言葉でもありました。

 そんな次男がもうすぐ迎える成人式の時(長男とは体型が違い、次男が着て行くスーツがないとのことでした。)と就活(就職活動)の為のスーツを必要としているということを家内から聞きまして、今日次男と二人で近くの大型店に車で行くことになりました。

 その大型店で3時間以上、店長さんにアドバイスをしてもらいながらあれこれ揃えました。店長さんがとても気の利いたアドバイスをしてくれて次男の希望を聞きながら会話できまして、楽しい時を過ごすことができました。

 ここのところ暫く、次男とリビングで二人きりになると気まずい雰囲気になりがちでしたが、今日は店長さんの心の籠もった営業的手腕の助けも借りて、私にとっては嬉しい時間を与えられました。

 その大型店の中で、私は人に気付かれないように何度もこっそりと涙を拭きました。帰りの車の中でも二人で話してちょっと楽しい雰囲気でいることができました。

 家内の助けを借りないで次男と会話ができたことが本当に嬉しく感じられました。次男の為に何でもして上げたいという思いはいつも持っているのですが、それを拒否されるのを恐れる気持ちがどこか自分の中にあったように思います。

 私にとっては、次男との、神様に与えられた貴重で嬉しい時間でした。今日の買い物は次男の気持ちを確かめながら良く吟味してできました。その支払は15回分割払いですが、次男との嬉しい時間をもたらしてくれたことを思えば必要で良い買い物をしたと思います。

----------------以下引用です。

 「み旨がなされたあとに後悔する涙を流さないために、今涙を流し後悔する道を行くのである。深い谷を行かずしては高い山頂が現れない。」(文鮮明師『御旨の道』P196)
 
posted by ハッピーいちろ at 23:38| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感動しました。
「お父さん」と「次男さん」との関係が、「神様」と「神様が分からない人間」との関係に重なって見えました。神様もそんな心情でいらっしゃるのか...。

素晴らしい真の神の日を迎えることができそうです。
ありがとうございました。
Posted by 平和を愛する天国人 at 2009年12月31日 01:15
本当によかったですね。次男さんをハッピーいちろさんが
どんなに愛されているのか。そのために心を砕いていらっしゃるかが、
すごく伝わってきました。感動しました。
神様や、ご父母様もそうやって愛して下さっているのだなぁと
思えました。ありがとうございました。

Posted by ゆったん at 2009年12月31日 01:27
 平和を愛する天国人さん、お訪ね下さり、しかもコメントを下さり、本当にありがとうございました。全て親業の一端と思い、噛み締めて歩みたいと思います。理想の実現を夢見て精誠を尽くしたいと思います。平和を愛する天国人さんの益々のご活躍を祈ります。
Posted by ハッピーいちろ at 2009年12月31日 18:01
 ゆったんさん、コメントありがとうございます。以前でしたら自分の心の中に止めておくだけで、決して記事にしない内容だったかもしれません。それをあえて記事にしたことが自分でも不思議です。どうしても書いておきたかったのだと思います。文章に残せて本当に良かったと思います。平和を愛する天国人さんやゆったんさんがコメント入れて下さったということが私自身の中の「何故あえて記事にしたのか?」に対する答えなのかもしれません。ありがとうございました。
Posted by ハッピーいちろ at 2009年12月31日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。