あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2009年12月20日

両親と家内のおにぎり

 父が83歳、母が80歳ですが、毎日父の希望で車に一緒に乗って片道40分の道を通勤しています。両親はこの二、三年朝食抜きの生活が続いていました。父はその方が調子がいいと言っていました。

 一ヶ月近く前に、もらい物だと言って父から5千円分程のお米券を受け取りました。「ちょっと高めの美味しいお米を買って炊いたご飯を一回だけもらいたい。」ということでした。

 ところで、少しでも早く両親を迎えに行って勤務先に到着しなければならないので、私は家内に毎朝大きめのおにぎりを頼んで朝食にしていましたので、一度両親の分も握ってもらうことにしました。

 家内のおにぎりは両親に好評でした。それ以来毎日家内のおにぎりが車中での両親の朝食になりました。後ろの席で父も美味しそうにむしゃむしゃという感じです。

 家内のおかかが入り海苔を巻いたおにぎりは、父にとっては今はもう欠かせない朝食になっています。父も本当は朝食が食べたかったのだと分かりました。

-------------以下引用です。

 「食物をおいしく食べる方法を考えなさい。そして眠りを征服せよ。歴史的な人物たちは一日に三時間しか休まなかった。」(文鮮明師『御旨の道』P)
posted by ハッピーいちろ at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。