あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2009年12月10日

知っているということ

 たとえ非力だとしても、日本がどのような岐路に差し掛かっているかということを知っている自分には責任があります。

 神様のご心情を知っているということは恵みであり、自分の責任を果たしたいという思いを強く持ちます。

 知らない人には責任はありません。知っている自分に責任があると受け止めます。

 知っているということは信頼されて打ち明けられたということです。神様に信頼されて打ち明けられたということはこの上ない恵みです。

 神様が信頼して下さったのですから、神様が味方して下さらない筈がありません。

 私達は生身の人間ですが、神様の願いを果たしたいと強く思えば道が開けない筈がありません。

--------------以下は引用です。

 「涙が先にある場においては復帰の土台は明るい。」(文鮮明師『御旨の道』P58)
posted by ハッピーいちろ at 20:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。