あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2009年12月05日

明るく肯定的に

 物事の本質を見抜いてしかも明るく肯定的に受け止めて生きて行きます。

 アフリカでの医療奉仕事業に一生を捧げられたアルベルト・シュバイツァー博士は「心にいつも太陽を持て。その努力は互いに分かり合えるものである。」と語られています。

 最近、家内と語り合う時間を特に意識して大切にするようにしています。夫婦の心が通い合うと心が軽くなり、いろいろ問題解決の知恵も浮かんで来ます。

------------以下は引用です。

 「昼でも夜でも不快な顔を見せず、笑いながら起きて働き、笑いながら床に就こう。」(文鮮明師『御旨の道』P506) 
posted by ハッピーいちろ at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。