あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2009年11月12日

ある在韓韓日家庭拉致監禁被害日本婦人のこと

 今日、lotus1014さんのブログ「Unifcationism(統一教)の真実」で
「拉致監禁の爪あと」http://blog.livedoor.jp/lotus1014/archives/51313216.html という記事を拝見しました。

----------------------------
 以下、「」内はlotus1014さんのブログからの引用です。lotus1014さん、切り貼りしてしまって申し訳ありません。

 今日の表題のある在韓韓日家庭の日本人夫人が「過去に3回も反対派による拉致監禁にあって、日本から帰れなくなっていた期間があ」り、「適切なケアを受けることができないまま、心の状態をこじらせて、」「10年と言う歳月が過ぎていたことに(lotus1014さんは)言葉を失いました。」とありました。
----------------「」内引用終わり

 私もlotus1014さんの文章に涙が止まりませんでした。是非皆様、
http://blog.livedoor.jp/lotus1014/archives/51313216.html を訪ねてお読み下さることをお願いします。

 lotus1014さんの文章は読んでいますと、韓国の空気を感じるのは私だけではないと思います。韓国語を話し韓国で暮らし歩まれる韓日家庭の日本婦人の力強い言葉と心情が読む私達に勇気を与えてくれるように感じられました。

 lotus1014さんがこの記事で記述された、3回にも及ぶ拉致監禁の被害者でもあった韓日家庭の日本人夫人が心癒されますようにと心からお祈り申し上げる次第です。lotus1014さんと同じ教会とのことですから、神様の癒しの役事がありますことを信じて祈ります。

----------------------以下引用です。

 「人を判断するためには、三年以上研究しなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P267)

posted by ハッピーいちろ at 21:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132739363

この記事へのトラックバック

監禁マニュアル研究室について
Excerpt: 監禁マニュアル研究室は、監禁場所の準備の方法や部屋の設定など、 行動と情報の制約がいかに計画的に準備されているかを検証していきます。...
Weblog: 拉致監禁マニュアル研究室
Tracked: 2009-11-15 16:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。