あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2009年11月06日

自己開示のこと

 放送大学の今朝のFM放送の社会心理学の講座で「自己開示」が取り上げられていました。

 自己開示は心の健康には必要不可欠であるが、自己開示を受ける側にも受容的態度が求められ心理的負担が掛かる場合もあり、その心理的負担を軽減して受け止める工夫も必要だという意味のことが語られていました。

 自己開示がうまく行っている集団は人間関係も活性化され創意工夫も増えて発展的になるようです。

 小説やドラマでも個人の心理的描写で自己開示はかなり重要なテーマとなり、心理的抑鬱からの解放と感動の切っ掛けとなっているとも触れられていました。

 一般的に、上司は部下の話を充分に聞けない、夫は妻の話を上手く聞けないとも語られていました。それは聞く方にメリットよりもデメリットが多いからだということです。

 私の記事「饒舌の制御」http://sjichiro.info/article/130644919.htmlもこの自己開示とその受容に関わることだと分かりました。

 自己開示とその受容が家庭で充分なされることを目指して、夫として父親として務めを果たすことを改めて決意します。

------------------------------以下引用です。

 「完成は静かに奉仕する人、時に応じて自分に問おうとする人にある。」(文鮮明師『御旨の道』P282)
posted by ハッピーいちろ at 09:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。