あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2011年04月30日

代表祈祷

 私達の教会でも礼拝の始めの方で会衆を代表しての祈祷があります。

 私の所属教会でも各家庭の大黒柱たる家庭持ちの夫の立場の男性達が毎週一人ずつ交代で代表祈祷しています。

 私の入院とその後の大震災で一ヶ月毎の代表祈祷者名簿の作成が間に合わずに来てしまっていました。

 今日私も発奮しまして、依頼の電話を入れて了解を取りまして、5月と6月と7月の始めまで、毎週の代表祈祷者名簿を作成しました。

 一家の大黒柱としての責任を改めて自覚するいい機会だと思います。

 この国の行く末を考え、道を開くべき時に、夫として父親として、社会の一員として、この国の国民として自覚を深めて、神様に祈り、一週間の出発をしたいと改めて思います。
posted by ハッピーいちろ at 23:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

精誠をつくる

 10年以上前に私の所属教会に赴任してこられた若き韓国人牧会者(当時32歳)の事を思い出します。

 身近に接っする機会を与えられた二人目の韓国人牧会者でした。

 その方が主催された感動の40日間の祈祷会で「精誠をつくる」と表現されたのが印象的でした。

 「精誠」とは、日本語の「真心」とは違って「尽くす」のではなく、「つくる(創る、造る、作る)」のだと言葉のニュアンスを理解しました。

 今の私にも「精誠をつくる」毎日を送る必要性があるのを痛感します。

 朝も出勤が早い為に、早朝家庭訓読会の後バタバタしがちです。

 この連休で心身の体勢を立て直して、懸案の幾つかの課題に取り組めるようにしたいと思います。
posted by ハッピーいちろ at 16:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

妻の助言

 妻の助言を素直に聞ける心の広い夫でありたいと思います。

 簡単ではないことは分かります。

 多くの場合不意を突いてくるので、不用意な反応をして悔やむことが少なくありません。

 日頃の修練が試されます。 
posted by ハッピーいちろ at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

ISMサドル使用その後

 先日紹介しましたISMサドルを取り付けた私の年季の入った自転車の乗り心地は快適です。

 男性の健康上の効果から普及することが期待されます。
posted by ハッピーいちろ at 23:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

節電

 勤務先で私が、社内ネットワークのサーバを管理しています。

 3月11日の地震まで、我が社のサーバは正月休み以外はノンストップで稼動していました。

 地震の後、計画停電もあり、私の退出時にサーバを毎日止めることにしました。

 スィッチ付きのテーブルタップを幾つも利用して待機電力も減らすようにしています。

 これまで電力を無駄に消費して来たことを反省しています。
posted by ハッピーいちろ at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

「ママ、おいでよ!」

 私の勤務地がある市は大地震による液状化で下水道が未だ復旧していない地域もあります。

 水道が復旧していても下水道が復旧していなければ各家庭の水洗トイレは使えません。

 綺麗なマンションに住んでいる人もそういう地域で不自由な生活を続けておられるかもしれません。

 三、四日前のこと、店の水洗トイレが使えない中でもオープンしているスーパーの中で、幼い男の子が「ママ、おいでよ!」と泣きじゃくって叫んでいました。

 何か欲しいものがあってお母さんにねだっていたのだと推測します。

 その男の子の声は店の中に響いていました。

 その子のお母さんには考えと事情があって、その男の子の願いを叶えてあげられないのでしょう。

 その後、そのお母さんは根負けしたかどうか分かりません。

 神様と人間の関係が連想されるようでもありました。 

 いろいろ考えさせられる光景でした。
posted by ハッピーいちろ at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

自転車のサドル

2332画像0034.jpg
 今年の1月19日に手術し2月5日に退院しその後順調に回復して来ましたが、自転車に乗ることはできませんでした。

 前立腺ではありませんが、実は泌尿器科だったのです。

 やっと一週間程前からサドルに座らずに立ったままペダルを踏んだり、サドルを後ろ向きにして腰掛けたりして乗っていました。

 我が家から教会への往復はやはり自転車が速くて便利でして、手術前は雨の日も合羽を着て乗っていたものでした。

 昨日上の画像のISM(Ideal Saddle Modification)というサドルを手に入れ、早速取り付けてみました。

 なかなか快適です。短いので圧迫しません。

 トライアスロンの選手が使うサドルとのことです。

 何ともない人にも、現状の通常のサドルは男性にとっては負担が掛かるようです。

 長時間ともなると尚更です。健康上問題になる場合もあるとのことです。

 こういうサドルが普及して安価になるといいなと思います。
posted by ハッピーいちろ at 18:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

重大な時

 日本にとって重大な時であると多くの人が感じています。

 あまりに多くの犠牲者を出した、3月11日の東日本大震災と巨大津波です。

 3.11の前後で日本国民は多くの心理的変容を経験しています。

 そして災害による原発事故は未だ終息を見ていません。

 これからどういう日本になって行くのかが問われています。

 このピンチを私達日本人がどのように越えて行くのか、私達一人一人の良心(本心)が固唾を飲んで見守っています。 
posted by ハッピーいちろ at 23:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

日本の底力

 日本の底力は神様と共にあってこそです。

 日本人の心が神様に繋がっているようにと真の父母が祈って下さっていることがありがたいことです。

 神様と真の父母の愛に感応できる日本人でありますように。
posted by ハッピーいちろ at 23:34| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

原発の作業現場

 原発事故の現場に東京の建設会社の社員の方々が会社ぐるみで向かう準備をしておられると報じられていました。

 その会社の社員のお一人お一人が様々な葛藤に直面しながらも決断し、家族の方達を説得して従事することを決めたと語られていました。

 作業がはかどって原発事故の収拾が進むことを祈ります。
posted by ハッピーいちろ at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

聖霊治癒礼拝

 イエス様は主の祈り、「御心が天に行われる如く地にもなされますように。御名が崇められますように。・・・・・」によって、先ず公的にいのるべきことを教えて下さいました。

 今の日本が直面している困難を越える力は真の謙虚さを伴う必要があるのではないでしょうか。

 今、世界の統一教で行われている「聖霊治癒礼拝」は参加する私達を聖霊によって癒して下さいと願う礼拝ではありません。

 神様の解放と人類の救済の為に痛みと困難と心情の十字架を越えて勝利して下さった、真の父母を聖霊治癒して下さいと祈り願う礼拝です。

 日本も世界も神様の愛の力によって困難を越えて"One Family Under God"を実現します。

 真の父母こそ神様と人類の希望の中心、希望の実体です。
posted by ハッピーいちろ at 23:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

神様に立ち戻る

 日本も世界も神様の愛の中に立ち戻る時を迎えようとしています。

 文鮮明師御夫妻は人類の真の父母の道を開拓し歩んで勝利して下さいました。

 イエス様が途上で亡くなられたあの困難な道です。

 神様は人類の真の親ですから、人類の滅亡を願う筈がありません。

 人類が生きる道が必ずあります。

 「チャンプモニムオンマンセイ」(真の父母様億万歳)と唱える声が、韓国だけでなくアメリカでもヨーロッパでもアフリカでも日本でも、響いて来ています。

 それは人類の未来を開く響きです。

 私達一人一人が本来の神様の子としての心情を取り戻して神様の願いに目覚める時です。

 そうすれば神様の下で人類は一家族だと分かります。
posted by ハッピーいちろ at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

日本国民の心の深まり

 大切な人をなくしたり、自ら九死に一生を得るという体験をしたり、本当に厳しい災害にあまりに多くの方々が苦しまれました。

 今もその苦痛が続いています。

 その同胞の苦しみを他人事とは思えず、日本国民全体が心痛めています。

 死について人生について生きるということについて今まで以上に日本国民一人一人が深く思いを致しています。
posted by ハッピーいちろ at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

日本の総力を結集して

 日本が今直面している未曾有の国難にあらゆる分野の方々が総力を合わせて取り組めますように。

 私達一人一人もベストを尽くして日々取り組むことができます。

 今できることに精誠を尽くして生きて行きます。

 神様の愛の力による日本の未来を信じて祈ります。
posted by ハッピーいちろ at 23:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

思いを合わせて

 我が同胞の3万人以上が犠牲になり、何十万人という方々が避難所で今も不自由な毎日を過ごしておられることを忘れません。

 津波による原発災害の終息の為に今日も作業員の方々は厳しい環境を忍んでおられることを忘れません。

 3.11以来私達日本国民の精神状態は大きく変わらざるを得ませんでした。

 同胞の苦しみと無関係に生活することはできません。

 日本国民の心情が神様に近付く時です。

 神様の痛みと事情に日本国民が通じる時です。
posted by ハッピーいちろ at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

福島県が守られますように

 これまで福島原発の多大な恩恵を受けてきた首都圏です。

 その原発を受け入れて下さった福島県の方々に感謝します。

 避難生活をしておられる福島県の皆さんの生活に一刻も早く平穏が戻りますことを衷心よりお祈り申し上げます。

 東日本大震災と巨大津波の犠牲者の方々が霊界で安らいでおられますように。

 私達日本人の絶対善霊となられたご先祖様方が福島第一原発の早期の終息に協助して下さいますように。
posted by ハッピーいちろ at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

霊界地上界合同作戦

 絶対善霊となられた私達日本人のご先祖様方が原発災害を終息に向かわせる為に現地の原発に結集して努力して下さっています。

 後孫を案じて下さっているからです。ありがたいことです。 

 地上の私達も成すべきことを為したいと切望します。

 そして原発災害の現場で作業に従事して下さっている方々の安全と災害の終息を祈ります。
posted by ハッピーいちろ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

神様は人類の真の父母

神様は人類の父母として、一人一人の永遠で最高の幸せを用意して下さってます。

それを直ぐに実現できないことに神様は悲しんで来られました。
posted by ハッピーいちろ at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

日本が丸ごと神様の愛の中に

日本は今試練の中にあります。

3万人以上の方が犠牲になられました。

亡くなられた方も生きている人達も、母国日本が丸ごと神様の愛の中に入って行く時が来ました。
posted by ハッピーいちろ at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

日本の生きる道

神様の真の愛によって日本が生きる時が来ました。

日本人の気配りと労り助け合う心が神様に用いられる時が来ました。
posted by ハッピーいちろ at 23:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。