あなたとあなたのご家族がお健やかであられますように

2011年01月31日

今日も病院から出勤

今日は月末の処理がいくつか残っていましたので、最低限の2時間の予定で外出許可をもらって出社しました。

病院から勤務先までタクシーで5分です。痛み止めが切れるまでの午前中2時間で仕事を終わらせる予定でしたが、昼過ぎまで掛り、タクシーを呼んで急いで病院に戻りました。

後は退院まで外出しなくて済みそうです。

因みに外出許可申請書には「使用の為」と記載します。

「仕事の為」と記載しますと「入院しているのにどうして仕事?」と担当のスタッフが管理者に叱られるそうです。
posted by ハッピーいちろ at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

痛み止めのお世話になっています

 まだ入院病棟にいます。

 座薬の痛み止めは消化器に影響があり、便秘気味が続くということで、手術後2日で飲み薬に切り替えました。

 手術をして一週間目の26日に抜糸し、翌日はシャワーも浴びることができました。

 それでも痛みはなくなりません。

 そんな時飲み薬の痛み止めは有り難いものです。

 座薬程即効性はなくても、確実に痛みを緩和してくれます。

 消化器への影響も少なく、段々普通の生活に近付いて来ました。

 痛み止めは我慢できない痛みの時に服用し、術後の部位の自己治癒力に期待します。

 そんな中ですが、28日と29日は外出許可をもらい、痛み止めを処方してもらって勤め先にそれぞれ6時間仕事に行って来ました。

 普通に座っているのが痛くなり、痛み止めを飲んで、何とか仕事をこなして両日とも午後4時に病院に帰ってきました。

 金庫の現金合わせと社員の給料計算・袋詰めだったのです。

 明日も午前中2時間だけ、月末の公金納付などをしてくる予定です。

 外出許可をもらって勤め先に行けるようになるまでは、痛いのでベッドの上で殆ど寝た切りでした。

 痛い中でもその間に痛み止めの助けも借りていろいろ普段出来ないこともできました。

 シューベルトの歌曲集「冬の旅」の掘り下げた鑑賞です。

 非常に得ることがありました。

 観たかった統一教の先輩の講話DVDも観ることができました。

----------以下引用です


 「根が抜かれたら風が吹いたせいにしないで、根を深く張ることができなかったせいにしなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P359)

posted by ハッピーいちろ at 18:44| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ありがたい坐薬

 19日手術が終わり、全身麻酔を切って4人部屋の入院病棟に戻りました。
 
 目が覚めましたら、側に家内が座っていました。執刀の先生から切除したものを見せてもらったそうです。

 家内が帰った後も暫くは局所麻酔が効いていましたから、携帯からブログに短文なりとも送る余裕がありました。

 麻酔が切れれば、切開し縫合した場所から痛みが押し寄せて来ます。

 治癒してくればその痛みはやがておさまってくると理解しつつも、今の痛みが耐えがたい訳です。

 そんな時、痛み止めがあります。私の手術後のように経口物が使えない時も筋肉注射と坐薬が使えます。

 一回6時間は痛みが和らいで苦痛なく過ごせます。今回も何度も助けられました。

 因みに家内は三回とも帝王切開で三男子を出産しました。

 最後の三男を出産した時も坐薬はなかったそうです。

 うちの子達も私も母親(家内)にどんなに感謝しても足りないと心の底から感じました。
posted by ハッピーいちろ at 10:41| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

手術終了

全身麻酔の時間は全く空白です。家内に訊きましたら実際は3時間掛ったようです。
posted by ハッピーいちろ at 15:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

手術前日

 今朝9時に入院し、明朝9時から11時まで二時間の手術になります。

 全身麻酔と局部麻酔の併用で手術後も数時間は痛みはないそうです。

 全身麻酔中は麻酔担当医の指導の下で救急救命士が喉に管を通して人工呼吸になると説明を受けました。

 今晩9時以降は絶食で明朝浣腸してお腹を空っぽにして手術に臨むようです。

 手術後全身麻酔から醒め、その数時間後局部麻酔も切れた後どうなるかですね。

 詳しい説明はできませんが、今日も明日も人生で初めての経験の連続です。

 明日はブログの更新が出来る状態かどうか分かりませんが、家内に祈られて私にとっての一大事を越えたいと思います。

 三度の出産で三回帝王切開を経験した家内には頭が下がります。

----------以下引用です


 「体面を失うな。」(文鮮明師『御旨の道』P266)

posted by ハッピーいちろ at 15:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

入院前夜

 明朝9時過ぎに入院し、19日に手術を受けます。

 全身麻酔の手術は初めての経験です。

 心を静めて人生の一場面として、心して対処しようと思います。

----------以下引用です


 「み旨は、私がいる前からあった。神がみ旨の始まりであり、み旨の内容であり、み旨の目的である。」(文鮮明師『御旨の道』P2)

posted by ハッピーいちろ at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

入院の前

 今日は統一教の壮年方と新年会をしました。

 年間活動報告と会計報告、そして一人一人の改めての自己紹介をしまして、二時間半程で終了しました。

 これで明後日から、心置きなく入院できると思いました。

 入院して手術というのは生まれて初めての経験です。

 手術の日には家内に病院に来て祈ってもらおうと思います。

----------以下引用です


 「実力がないと言うな。実力がなければ実力者を兄のように侍って彼を代わりに立てて活動舞台を提供してあげられる心情を整えなさい。社会で侍っている以上侍ってあげて、そこから第二の土台を築くようにしなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P342)

posted by ハッピーいちろ at 22:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

還暦を迎えて

 還暦は元々満60歳の誕生日とは無関係で、生まれた年に60年を加えた年(干支が一巡し起算点となった年の干支に戻る年)を指すとWikipediaに記載されています。

 私は今年正に還暦を迎えたと言うことになります。

 人生の節目であることは間違いありません。

 昨年からの予定で今年18日から一週間前後、病院に入院することになっています。

 命に別状がある訳ではありませんが、19日には手術を受けることになります。

 これも何か意味があることだと思い、祈る機会にしたいと思います。

 そして今後をどのような心構えで過ごすかを深く瞑想したいと思います。

----------以下引用です


 「未来の私を誇れることと神様の前に立たなければならない未来の私を思いながら苦労をし、戦いなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P274)

posted by ハッピーいちろ at 23:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

リハビリ中の友人の見舞い

 頸椎のヘルニアを手術して手足が麻痺した友人がリハビリ専門の病院で日々リハビリに励んでいます。

 今日も仕事帰りに見舞いに行きました。

 その友人の神経が麻痺を起こした後固まらないで回復の兆しを見せていることに医師が驚いているということでした。

 皆に祈られているのを感じると語っていました。

 今は杖を二本使って歩けるようになるまで回復しています。

----------以下引用です


 「愛を中心としては同等である。愛を中心として主管し主管される。愛は万人の希望の基点である。」(文鮮明師『御旨の道』P314)

posted by ハッピーいちろ at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

前向きに受け止めること

 人生は山有り谷有りです。

 順風満帆の時もあれば逆風の時もあります。

 適度の休息を取ることも必要です。

 今日一日を振り返り、明日に心を備えて休みます。

 友の為に祈る時間も恩恵の時間です。

----------以下引用です


 「忍耐と克服は復帰途上の正常的な軌道である。」(文鮮明師『御旨の道』P461)

posted by ハッピーいちろ at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

人生と仕事と縁

 人生の中で仕事あるいは職業が心に占める割合は男性にとって大きいものです。

 職業選択の自由が保障された現代社会です。

 歴史的に見ますと本当に恵まれた時代に私達は生きていることは間違いありません。

 私も今、企業の人材を求人し採用する立場を経験しています。

 一日最低8時間、人生の四分の一から三分の一を共に働くというのは縁が深いと言えます。

 還暦を目前にして、人生の機微に心惹かれる毎日を過ごしています。

----------以下引用です


 「審判は人を捕らえようとするのではなく、怨讐を捕らえようとするのであり、万物を解放しようとするのではなく、人を解放しようとするものである。」(文鮮明師『御旨の道』P216)

posted by ハッピーいちろ at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

相手の立場になって理解すること

 一生懸命したことでも、批判を受けることはあります。

 そんな時も謙虚にその意見に耳を傾けることは勇気が要りますが、得るものも大きいと思います。

 先ず、自らの人格の陶冶の機会です。

 そして大きな意味での信用です。

 そして心身の健康です。

 自らの不足を補ってくれると思えば、有り難いとさえ思えて来ます。

----------以下引用です


 「一言誤って三週間祈ったことがある。」(文鮮明師『御旨の道』P280)

posted by ハッピーいちろ at 23:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

ジャパンポップスの旋律の美しさ


 
 日本の歌のメロディーの美しさは世界でも定評があると言われています。

 ジャパンポップスの人気もこのメロディーに起因するところ大かもしれません。
 
 日本語がもたらす特徴なのでしょうか。

 これからも多くの日本人作曲家の活躍を期待したいものです。

 この中島美嘉さんの「雪の華」も美しい旋律だと思いました。

 Wikipediaに拠りますと、作詞は作詞家Satomi、作曲は松本良喜です。

 こういう美しい歌がCMで使われるのですから、私達日本人は幸せなのかもしれません。

----------以下引用です


 「実が実りはじめれば花びらは落ちてしまう。同じように心の中に神性が成長すればすべての弱点は落ちてしまう。」(文鮮明師『御旨の道』P377)

posted by ハッピーいちろ at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

また君に恋してる


 知人達との新年会の二次会のカラオケの最後に「大御所」の年配の男性がこの歌を歌いました。

 もともとビリーバンバンという兄弟デュオの歌を演歌歌手坂本冬美さんがカバーしてヒットした曲のようです。

 Wikipediaに拠りますと「また君に恋してる」は作詞松井五郎、作曲はビリーバンバンのバック・バンド・メンバー(ギタリスト)の森正明とのことです。

 もうすぐ還暦を迎える私にとっても、家内への感謝の思いとともに共感しました。

 夫婦の情愛を歌った秀作だと思います。

----------以下引用です


 「朝、夫と口げんかをしたときにも、夕方夫が帰ってくるときには、いつそんなことがあったか言わんばかりに微笑で対しなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P515) 

posted by ハッピーいちろ at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

日本の文化的現象のひとつ

 日本ではプロの歌い手で、男性の立場からの歌詞を女性が歌い、女性の立場からの歌詞を男性が歌うということがよくあります。

 これは欧米では余りない現象だという研究者の見解を聞きました。

 日本には歌舞伎で女形があり、宝塚歌劇で男役があり、日本に特徴的な文化現象なのかもしれません。

 男性と女性が互いに分かり合える土壌があると言えないでしょうか。
posted by ハッピーいちろ at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

偏頭痛の予防

 偏頭痛(片頭痛)に悩む人は少なくないようです。

 痛みが起きていない時に、足を軽く開いて立って、足腰と頭はなるべく動かさず上半身だけを左右に繰り返し捻りますと、肩から首の筋肉が解れて痛みが起こるのを予防できると、先日朝のテレビ番組で放映されていました。

 私も日頃時々頭痛を体験していますので、とても参考になりました。

 早速実行しています。

 体を軽く解す運動は大切だと改めて理解しました。
ラベル:偏頭痛 予防
posted by ハッピーいちろ at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

壮年向けアンケート

 今度の日曜日の礼拝の時、壮年(家庭持ちの夫の方々)にアンケートに答えてもらうことにしました。

 日頃の関心や要望など、いろいろ尋ねてみます。
posted by ハッピーいちろ at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

どんな時も平常心で

 どんな時も平常心でいるには日頃の瞑想が役に立ちます。
posted by ハッピーいちろ at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

様々な課題

 誰しも人生には様々な課題を抱えていることだと思います。

 統一教人であろうとかなかろうと、人は誰でも神様にとっては愛する子供達です。

 神様は確かにおられて、あなたの問い掛けを聞いておられます。

 あなたが今、直面しているその課題を解きたいという思いを強く持つ時、神様の導きがあります。

----------以下引用です


 「知ってみると多くの面において『あ!足りないな』と言う、これが良い賜物である。」(文鮮明師『御旨の道』P105)

posted by ハッピーいちろ at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

統一教人の願い

 統一教人の願いは、統一教人であろうがなかろうが、全ての人が神様の愛の中にあるようにということです。

 日々の歩みをそのことを目標として積み重ねてと行きたいということです。

 どんなにけなされても誹謗されてもその思いと願いは変わりません。

 神様に望みを託して日々努めます。

----------以下引用です


 「へたばるな!天理を外れなければ自動的に発展する。死なずに残りなさい。」(文鮮明師『御旨の道』P450)

posted by ハッピーいちろ at 21:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。